ニルヴァーナのカート・コバーン、ティーンエイジャー時代に落書きで逮捕されていた! メルヴィンズのバズ・オズボーンが明かす

ニルヴァーナのカート・コバーン、ティーンエイジャー時代に落書きで逮捕されていた! メルヴィンズのバズ・オズボーンが明かす

ニルヴァーナカート・コバーンが、ティーンエイジャー時代に落書きで逮捕されたことがあると、その出来事を一緒に体験したメルヴィンズのフロントマン、バズ・オズボーンが明かしていることがわかった。

Ultimate Classic Rock」によると、メルヴィンズが配信したライブ・イベント「Divine Monkeyshines: Valentine's Day Special」で、カートと同じくシアトル出身のバズが子ども時代の想い出を語った。

バズがティーンエイジャーだった頃、カートとメルヴィンズの元ドラマー:マイク・ディラードは、よく3人で町中の壁などにスプレーで落書きをしていたのだという。

そして、いつものように一緒に落書きをしていたときに、銀行の角を曲がると至るところに警察がいるのを目にし、3人はバラバラに逃走。なんとかバズとマイクは逮捕を免れたが、運悪くカートは警察に捕まって拘置所で一晩を過ごすハメに。その体験についてカートは、「酷かった」とバズに語っていたとのこと。

加えてバズは、カートは絵が上手かったと明かし、「実際に、カートは本当に優れたアーティストだったよ。だから彼が絵をスプレーしたら、すごく上手かった。でも、大抵はダーク・ユーモアだったから、ポリティカル・コレクトネスな内容じゃなかったけどね」とコメントしていた。

その例として、よくカートは「God is gay(神はゲイ)」と落書きしていたそうで、そのフレーズはニルヴァーナの曲“Stay Away”の歌詞にも登場している。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ニルヴァーナのカート・コバーン、ティーンエイジャー時代に落書きで逮捕されていた! メルヴィンズのバズ・オズボーンが明かす - 『rockin'on』2021年3月号『rockin'on』2021年3月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする