グレタ・ヴァン・フリート、超ポジティブにロックの王道を突き進む――宇宙的スケール感さえ漂わせる進化作『ザ・バトル・アット・ガーデンズゲート』について、そのエクスタシーの源泉を語り尽くした!

グレタ・ヴァン・フリート、超ポジティブにロックの王道を突き進む――宇宙的スケール感さえ漂わせる進化作『ザ・バトル・アット・ガーデンズゲート』について、そのエクスタシーの源泉を語り尽くした!

「歌詞はほとんど書き終わっていたから、コロナ禍が影響した、ということはなかった。ただ皮肉なことに、この状況を通して意味が解釈できるものになったように思う。みんながより多くのことに感謝して、今だからこそより多くが得られる作品になっていればいいな」


ロックの未来。米国はミシガン州の片田舎から登場したグレタ・ヴァン・フリートは、ロックの復興を願う世代からも、それを意識せずに育った世代からも救世主のごとく讃えられてきた。ただ、彼らだっていつまでも平均年齢20歳というデビュー当時の若さのままではないし、新鮮さというのは時間経過とともに自然に失われていくものだ。

しかし、『ザ・バトル・アット・ガーデンズ・ゲート』と銘打たれた彼らの第2作には、デビュー作『アンセム・オブ・ザ・ピースフル・アーミー』が何かの間違いで生まれたわけではないことを証明して余りある説得力とスケール感がある。たとえば前作が旅路の果てに見つけた秘境だとすれば、今作はまるでそのランドスケープを宇宙から捉えているかのようだ。

これは疑うまでもなく、彼ら自身にとっての世界がここ数年の間に飛躍的に拡がり、バンド自体が進化を遂げてきたことの証だろう。

フロントマンであるジョシュ・キスカ(Vo)にアルバム完成に際しての第一声を求めると「この出来栄えについてはめちゃくちゃ誇りに思ってる。もうすぐみんなに聴いてもらえると思うと、ものすごく楽しみだよ」という屈託のない言葉が返ってきた。が、その先に続いたのは、このバンドの進化と深化の速度が尋常ではないことを裏付けるかのような、実に深みのある言葉ばかりだった。(増田勇一)



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


グレタ・ヴァン・フリート、超ポジティブにロックの王道を突き進む――宇宙的スケール感さえ漂わせる進化作『ザ・バトル・アット・ガーデンズゲート』について、そのエクスタシーの源泉を語り尽くした! - 『rockin'on』2021年5月号『rockin'on』2021年5月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする