ガンズ・アンド・ローゼズのダフ・マッケイガン、初めてスラッシュに会った日を振り返る。「一種のカルチャー・ショックを受けた」

ガンズ・アンド・ローゼズのダフ・マッケイガン、初めてスラッシュに会った日を振り返る。「一種のカルチャー・ショックを受けた」

ガンズ・アンド・ローゼズのベーシスト、ダフ・マッケイガンが、初めてギタリストのスラッシュに会った日を振り返り、「一種のカルチャー・ショックを受けた」と明かしている。

Blabbermouth」によると、Spotifyの番組『Rock This With Allison Hagendorf』に出演したダフが、スラッシュと初対面したときの印象を語った。

シアトルからパンク・ロック・バンドのギグのためにロサンゼルスを訪問中に、メンバー募集の広告を見たダフが、ハリウッドにあるファミリー経営のデリ「Canter's」でスラッシュとガンズ・アンド・ローゼズの元ドラマー、スティーヴン・アドラーと待ち合わせをしたという。

「それで、(広告で見た)そいつの名前はスラッシュで、彼が影響を受けた好きなバンドはFEARやエアロスミスアリス・クーパーだった。俺は、『まあ、そいつも俺と似たようなもんだろう』と思ってた。

俺はブルーの短髪だったんだけど、Canter'sに入って、どのブースにいるかはあらかじめ聞いてたから、そのブースを見つけるとロン毛の男が2人いたんだ。俺は一種のカルチャー・ショックを受けたし、奴らにとっても俺が少しカルチャー・ショックだったんじゃないかな。

だけど、俺たちが席に着いて音楽について話し始めたら、まさにそれが共通点になった。俺たちはスラッシュの家、彼のお袋さんの地下室へ行って、それからスラッシュがアコースティック・ギターを弾き始めたんだ」


初めての対面でダフはパンクな見た目の自分とは大きく異なり、ハード・ロックなスラッシュとのビジュアルの違いにカルチャー・ショックを受けたが、スラッシュの演奏を聴いて、それまで西海岸で最高のギタリストだと思っていたPaul Solgerに匹敵するか、それ以上だと思ったとも明かしていた。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ガンズ・アンド・ローゼズのダフ・マッケイガン、初めてスラッシュに会った日を振り返る。「一種のカルチャー・ショックを受けた」 - 『rockin'on』2021年5月号『rockin'on』2021年5月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする