ジョン・レノンとジョージ・ハリスンが10代の頃に通ったリヴァプールの映画館、取り壊しを免れる

ジョン・レノンとジョージ・ハリスンが10代の頃に通ったリヴァプールの映画館、取り壊しを免れる

ジョン・レノンジョージ・ハリスンが、 10代の頃に足繁く通ったリヴァプールの映画館が取り壊しの危機を免れたことがわかった。

FAR OUT」によると、取り壊しを免れたのはリヴァプールのウェバーツリーにある「The Abbey Cinema」で、市議会の議長だった著名な建築家、Alfred Ernest Shennanがデザインした建造物だという。1939年にオープンした映画館は、ザ・ビートルズの曲“In My Life”の歌詞に登場している。

ジョンとジョージが映画を楽しんだ場所は、後にビンゴ・ホールやスヌーカー(ビリヤードのようなゲーム)・クラブとして使用され、最近ではスーパーマーケットになっていたとのこと。その後、スーパーマーケット・チェーンの「Lidl」が新店舗のために建物を取り壊す計画を立てていたが、歴史的建造物を救う非営利団体「Save Britain’s Heritage」が介入して建物が保護されることになった。

イングランド歴史的建造物・記念物委員会の関係者は、「所有者と地元コミュニティが団結し、この素晴らしい建物に持続可能な新しい使用方法が見つかることを願っています」と語っている。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ジョン・レノンとジョージ・ハリスンが10代の頃に通ったリヴァプールの映画館、取り壊しを免れる - 『rockin'on』2021年5月号『rockin'on』2021年5月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする