デイヴィッド・バーン×スパイク・リー、『アメリカン・ユートピア』がついに日本でも劇場公開へ。スタンディング・オベーション必至な“ステージ”の見どころはここだ!

デイヴィッド・バーン×スパイク・リー、『アメリカン・ユートピア』がついに日本でも劇場公開へ。スタンディング・オベーション必至な“ステージ”の見どころはここだ!

ライブ、観劇への禁断症状が出ている人も多いだろう。そんなボロボロの気持ちを最高に癒やしてくれるのが、5月7日に劇場公開となる『アメリカン・ユートピア』だ。映画でこれだけ高揚感を得られたのも久しぶりで、なんとか1人でも多くの人に観てもらいたい。

『アメリカン・ユートピア』は、デイヴィッド・バーンが18年に発表したアルバムで、これを軸にトーキング・ヘッズの曲も絡めたショーとして19~20年にブロードウェイのハドソン劇場にかけられ絶賛を浴びた。その舞台をなんとスパイク・リー監督が撮った。トーキング・ヘッズといえばジョナサン・デミ監督による『ストップ・メイキング・センス』が白眉だが、デイヴィッドは自身でも撮るし、さまざまなコラボや映画音楽をやってきた映像グルメだけにさすがの仕上がりだ。

ステージはパーカッション中心にギター、ベース、キーボードなどデイヴィッドを含む12人のプレイヤーが全員グレーのスーツで身を包み素足、ヘッドマイクでライブを展開するが(本当にいま演奏してるんだとMCでデイヴィッドが強調するシーンも)、全員がボーカルに参加し、曲に合わせて伝統的なマーチング・バンドのようにさまざまなフォーメーションを繰り広げたりダンス・パフォーマンスがメインだったりとバラエティに富んでおり、デイヴィッド・バーンやトーキング・ヘッズって、知ってる曲ないしなぁー、なんて人でもまったく退屈することはない。

奥底には当時のトランプ政権に象徴される現在のアメリカへの異議申し立てがあるが、決して声高に言うのじゃなくデイヴィッドらしいユーモアと皮肉が効いていてすんなりと入ってくるのも良い。

ステージの三方をシンプルなカーテン状のもので覆っただけで、余計なショーアップは何もないのに、スパイク・リー監督のすべてを知り尽くし、さらに音楽、コンセプトへの共感が画像に転換されたショットがどれも素晴らしく、自然とステージに吸い込まれていき、終わったときにはスタンディング・オベーションをしたくなるはずだ。そうそう、エンドロールで“エヴリバディーズ・カミング・トゥ・マイ・ハウス”が流れるが、途中でこの曲のMCを注意深く聴いておくと、最高に楽しめるので要注目。(大鷹俊一)



デヴィッド・バーンー×スパイク・リーの記事は、現在発売中の『ロッキング・オン』6月号に掲載中です。ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。


デイヴィッド・バーン×スパイク・リー、『アメリカン・ユートピア』がついに日本でも劇場公開へ。スタンディング・オベーション必至な“ステージ”の見どころはここだ! - 『rockin'on』2021年6月号『rockin'on』2021年6月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする