サミー・ヘイガー、エディ・ヴァン・ヘイレンとの和解の経緯と最後に交わした言葉を明かす

サミー・ヘイガー、エディ・ヴァン・ヘイレンとの和解の経緯と最後に交わした言葉を明かす

昨年10月に65歳で亡くなったエディ・ヴァン・ヘイレンと長年にわたって確執があったことで知られるサミー・ヘイガーが、米ラジオ局KLOSの番組に出演し、エディと和解に至った過程と最後の会話について明かした。

LOUDWIRE」によると、サミーはエディと仲直りしたいと思っていたが、連絡を取ってエディから冷たく反応されることが心配で、まずはエディの兄アレックス・ヴァン・ヘイレンと連絡を取り、少し希望を見い出したという。

そんなサミーに、最終的にエディの電話番号を教えたのはコメディアンのジョージ・ロペスで、サミーはジョージに、「これがエディの番号だ。彼と話したばかりだけど、彼は君のことが大好きだよ」と言われたそうだ。サミーはその後も和解への道について話を続けている。

「それで俺が、『そうか。わかった』と言ってエディに電話をしたんだ。そしたらエディが、『何で、(連絡を取るのに)そんなに時間かかったんだ?』って言うから、俺が『アル(アレックス)や、いろんな奴に電話をしたんだけどね』って伝えたら、エディが『で、俺には電話しなかったんだ』と言うから、『今、電話してるじゃないか』って言って、お互いに吹き出して笑ったんだ」


しかし、5ヶ月ほどエディとやり取りした後に連絡が途絶えたため、サミーがエディに「どうしたんだ? もう俺に構ってくれないのか?」と訊いたら、エディから「入院してるんだ」と返事が来て、それがエディとの最後のやり取りだったと明かしていた。

続けてサミーは、エディと仲直りできないままだったら、そのことを一生後悔していただろうとも語っている。

「もし、和解せずにエディが亡くなっていたら、俺はそのことを永遠に考えていただろう。その後悔を自分の墓に持って行っただろうし、そうなっていたら最悪だった。エディも俺もそうならずに済んで嬉しかったし、それは大きな意味があるよ」




『ロッキング・オン』最新号のご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。


サミー・ヘイガー、エディ・ヴァン・ヘイレンとの和解の経緯と最後に交わした言葉を明かす - 『rockin'on』2021年6月号『rockin'on』2021年6月号
公式SNSアカウントをフォローする
洋楽 人気記事

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする