レイジとXファクターが売上げバトル?

クリスマス前の12月20日に発表されるUKシングル・チャートのトップ争いが、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンとイギリスの人気オーディション番組「Xファクター」の優勝者との一騎打ちの様相を呈してきている。

これは12月13日にリリースされる今年の「Xファクター」優勝者によるシングル盤がチャートで1位になるのを阻止するため、一部のファンがレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの1992年のシングル“キリング・イン・ザ・ネーム”を購入しようとFacebookを通じて呼びかけたもの。このFacebookのグループには本日12月7日の時点ですでに約295,000人が参加している。

Twitterのユーザーたちもこの呼びかけに応え、「レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンをクリスマスNo.1に。#ratm4xmas 詳細はこちら。http://bit.ly/inthename よろしく。RT」という文章のリツイートを行っている。

「Xファクター」の今年の優勝者はまだ発表されていないが、クリスマス・シングルとしてマイリー・サイラスの“ザ・クライム”のカバー曲をリリースすると見られている。

こうした運動は昨年も行われており、その際は「Xファクター」の優勝者アレクサンドラ・バークに対抗してジェフ・バックリィの“ハレルヤ”(レナード・コーエンのカバー)の購入が呼びかけられた。

結局チャートではアレクサンドラ・バークがトップの座を獲得したものの、“ハレルヤ”も2位に入るという健闘を見せた。

(c) NME.COM / IPC Media 2008/2009
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする