ジョン・ライドン、PiLの新作制作に取りかかっていると語る

ジョン・ライドン、PiLの新作制作に取りかかっていると語る - 1981年作『フラワーズ・オブ・ロマンス』1981年作『フラワーズ・オブ・ロマンス』

2009年に再結成して以来、精力的にツアーを続けているパブリック・イメージ・リミテッド(PiL)は1992年の『ザット・ホワット・イズ・ノット』以来となる19年ぶりの新作制作にとりかかっていることを明らかにしている。

ジョン・ライドンは現時点でバンドは「どこでもないところの近郊にある」スタジオに入っているとクワイエットアスに語っている。

ジョンはイギリスで話題となったカントリー・ライフ・バターのCM出演などのギャラを元手に昨年のPiLのイギリス・ツアーの出費を自身で負担していて、ツアーのコストと同様、スタジオ費用も同じ手元の資金でまかなっていくとも語っていた。

PiLはワイト島フェスティヴァルに先頃出演し、2週間後にはギルドフォードで開催されるギルフェストに出演する予定。その後はサマーソニックにも出演する。


(c) NME.COM / IPC Media 2011
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする