マイブラのケヴィン・シールズ、ブリットポップは英政府の陰謀だったと語る

マイブラのケヴィン・シールズ、ブリットポップは英政府の陰謀だったと語る

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのケヴィン・シールズは90年代のブリットポップ隆盛期を振り返って、ムーヴメントそのものが政府主導の陰謀だったと語っている。オアシス、ブラーなど無数のバンドを輩出したこの時期のシーンをケヴィンは次のように『ザ・ガーディアン』紙に振り返っている。

「ブリットポップというのは大々的に政府に後押しされたものだったんだよ。いつか将来的に公開になったMI5(イギリスの中央情報機関に当たる保安局)のブリットポップについての文書を読んだらおもしろいことになると思うよ。みんなすっかり目くらましにあっているんだよ」

特にブリットポップ勃興期はイギリスの労働党政権の成立とも重なり、トニー・ブレア首相は政権初期の間にはノエル・ギャラガーやデーモン・アルバーンらの支持を公に受けていて、度々首相官邸を訪れているところなども目撃されていた。ケヴィンは自分だったら、首相官邸は「そこで演奏をする」という条件がなければ足を踏み入れなかったはずだと語っている。

その一方でケヴィンは1999年から06年にかけてプライマル・スクリームのメンバーとして活動していた時期についてはぼんやりとして思い出せないと振り返っていて「ぼくの30代はちょっと最悪だったね」と語っている。

「ほんとにアホな、バカなことをやってたよ。あらゆる意味ですべてを投げ出していたのがあの時期だったね。たしなみとして薬物を使っていて、無尽蔵にやってたよ。だから、当時の記憶はすべて霞んでこんがらがっちゃってるんだ。あの時期の始まりと、プライマル・スクリームとの最後のライヴのいくつかはしっかりと思い出せるんだけど、その間のことはすべてどの記憶がいつのことなのかよくわからないんだ」

「ある時、飛行機でツアーのスタッフの名前を一人残らず書き記したりしたんだよね。酔っ払っちゃっててね。翌日、ズボンのポケットに判読不能な猛烈な書き込みをされたメモを見つけて、一体なんなんだかさっぱりわからなくてさ。もうすっかり意識が飛んでたんだよ。まあ、今じゃ飲んでも陽気になるだけだよ。泥酔とかはもうしないね」

(c) NME.COM / IPC Media 2013
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする