ポール・マッカートニー、日本ツアー初日となった大阪公演の写真とセットリストを掲載

ポール・マッカートニー、日本ツアー初日となった大阪公演の写真とセットリストを掲載 - (c)2013 Mary McCartney(c)2013 Mary McCartney

ポール・マッカートニーが、11年ぶり4回目となる来日公演を11月11日(月)に行われた京セラドーム大阪からスタートさせた(※本記事では演奏楽曲やセットリストの記載があるのでご注意ください)。

ポールは開演予定時刻より10分ほど遅れた午後7時10分にステージに登場。すると、過去3度の来日公演では披露されなかったザ・ビートルズの“エイト・デイズ・ア・ウィーク”でライヴをスタートさせた。他にも“オール・トゥゲザー・ナウ”“ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト”など、日本初披露となるザ・ビートルズ時代の楽曲が登場。ライヴは2度のアンコールを含め、2時間45分の長時間にわたって行われ、ザ・ビートルズのナンバー23曲、ソロ・ナンバー14曲、合計37曲もの楽曲が披露された。

大阪での公演ということでポールの口からは「アリガトウ」以外にも「オオキニ」といった言葉が飛び出し、他にも「マイド」など、関西弁を交えた日本語トークを披露し、観客を笑わせる場面が何度もあった。「コンドワ ニホンゴ オボエマスケド エイゴノホウガ トクイデス」という日本語の一節が披露される場面もあったという。

ポール・マッカートニーの日本ツアーは、大阪公演を経て、福岡公演、東京公演と続いていく。

11月11日のセットリストは以下の通り。

ポール・マッカートニー アウト・ゼアー ジャパン・ツアー
2013年11月11日 京セラドーム大阪
セットリスト
1. エイト・デイズ・ア・ウィーク(*ビートルズ)
2. セイヴ・アス(*新作『NEW』)
3. オール・マイ・ラヴィング(*ビートルズ)
4. あの娘におせっかい(*ウイングス)
5. レット・ミー・ロール・イット(*ウイングス)
6. ペイパーバック・ライター(*ビートルズ)
7. マイ・ヴァレンタイン(*ソロ)
8. 1985年(*ウイングス)
9. ロング・アンド・ワインディング・ロード(*ビートルズ)
10. 恋することのもどかしさ(*ソロ)
11. 夢の人(*ビートルズ)
12. 恋を抱きしめよう(*ビートルズ)
13. アナザー・デイ(*ソロ)
14. アンド・アイ・ラヴ・ハー(*ビートルズ)
15. ブラックバード(*ビートルズ)
16. ヒア・トゥデイ(*ソロ)
17. NEW(*新作『NEW』)
18. クイーニー・アイ(*新作『NEW』 )
19. レディ・マドンナ(*ビートルズ)
20. オール・トゥゲザー・ナウ(*ビートルズ)
21. ラヴリー・リタ(*ビートルズ)
22. エヴリバディ・アウト・ゼアー(*新作『NEW』)
23. エリナー・リグビー(*ビートルズ)
24. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト(*ビートルズ)
25. サムシング(*ビートルズ)
26. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(*ビートルズ)
27. バンド・オン・ザ・ラン(*ウイングス)
28. バック・イン・ザ・U.S.S.R.(*ビートルズ)
29. レット・イット・ビー(*ビートルズ)
30. 007死ぬのは奴らだ(*ウイングス)
31. ヘイ・ジュード(*ビートルズ)

32. デイ・トリッパー(*ビートルズ)
33. ハイ・ハイ・ハイ(*ウイングス)
34. ゲット・バック(*ビートルズ)

35. イエスタデイ(*ビートルズ)
36. ヘルター・スケルター(*ビートルズ)
37. ゴールデン・スランバー~キャリー・ザット・ウェイト~ジ・エンド(*ビートルズ)
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする