LUNA SEA メンバー全員が語る『A WILL』の奇跡とは? bridge最新号にて表紙巻頭特集が実現!

  • LUNA SEA メンバー全員が語る『A WILL』の奇跡とは? bridge最新号にて表紙巻頭特集が実現!
  • LUNA SEA メンバー全員が語る『A WILL』の奇跡とは? bridge最新号にて表紙巻頭特集が実現!
  • LUNA SEA メンバー全員が語る『A WILL』の奇跡とは? bridge最新号にて表紙巻頭特集が実現!
  • LUNA SEA メンバー全員が語る『A WILL』の奇跡とは? bridge最新号にて表紙巻頭特集が実現!

12月11日に13年5ヶ月ぶりとなるニューアルバム『A WILL』をリリースしたLUNA SEA。一度は「終幕」を宣言し、バンドしての活動を休止していた彼らが、いかにしてこのアルバム完成までに至ったのか? bridge最新号では全員が登場し、『A WILL』の核心とLUNA SEAへの思いをディープに語っている。

RYUICHI「ロックがこの時代に果たすべきものってなんだろうか? LUNA SEAのコアに再び立ち返ったものを作りたかった」

INORAN「やっぱりLUNA SEAは、ミラクルが起こるバンドだと思うし、これはミラクルが起こるアルバムだよね」

SUGIZO「こんな不穏な世だからこそロックバンドは光に満ちたエネルギーを発信したい。だからこそ、このアルバムができたのかもしれない」

J「『過去』と『今』と『未来』をつなぐことができるのは、唯一俺たちだけ。そこに5人が気付いていたからこそ、アルバムを作り上げることができたんだよ」

真矢「本当のLUNA SEA像が出てきたよね。ひとりひとりのエゴから、大きなバンドのエゴになったような」

非常に貴重な5人揃っての写真も必見。LUNA SEAのすべてに迫った完全特集となっている。


bridge77月号の詳細はこちら。
http://ro69.jp/product/magazine/detail/93343
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする