アカデミー賞ついに発表! CUT3月号でディカプリオのインタビューなど、多数読めます!!

アカデミー賞ついに発表! CUT3月号でディカプリオのインタビューなど、多数読めます!!
いよいよ結果が出揃いました、第88回アカデミー賞!

各所ですでに報道されていますが、主要部門の結果は下記の通り。

●作品賞- 『スポットライト 世紀のスクープ』
●監督賞- アレハンドロ・G・イニャリトゥ(『レヴェナント:蘇えりし者』)
●主演男優賞- レオナルド・ディカプリオ(『レヴェナント:蘇えりし者』)
●主演女優賞- ブリー・ラーソン(『ルーム』)
●助演男優賞- マーク・ライランス(『ブリッジ・オブ・スパイ』)
●助演女優賞 - アリシア・ヴィキャンデル(『リリーのすべて』)

さらに『マッドマックス 怒りのデス・ロード』がその他部門では最多の全6冠を達成!




率直な感想としては、本当に混戦だったなあ、と。
ディカプリオはついに夢が叶って本当に良かった。
スタローンが助演男優賞を逃したことや、『スター・ウォーズ』『オデッセイ』が結果に絡まなかったのは残念だけど、すでに観客の熱い支持を得た作品ばかりだから、その評価が不当に下がることはないはず。


そして、現在発売中のCUT3月号のアカデミー賞大特集では、『スポットライト 世紀のスクープ』のトム・マッカーシー監督も、『レヴェナント:蘇えりし者』のディカプリオとイニャリトゥ監督も、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のジョージ・ミラー監督も、インタビューをがっつり掲載しております。
もちろん、その他の候補作品に関するインタビューも多数です。 
アカデミー賞関連作品は、日本ではこれから公開になる作品も多いだけに、ぜひチェックしておいていただきたい!


あと、TSUTAYA店頭で展開中のコラボ小冊子(http://ro69.jp/blog/cut/139331)も、引き続き見かけたら、ぜひ手に取ってみてくださいね。(松村)
CUT 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする