舞台『刀剣乱舞』最新作主演・歌仙兼定役の和田琢磨がCUT6月号に初登場!

舞台『刀剣乱舞』最新作主演・歌仙兼定役の和田琢磨がCUT6月号に初登場!

絶賛発売中のCUT2020年6月号では、6月中旬から開幕予定の舞台『刀剣乱舞』最新作の主軸となる刀剣男士・歌仙兼定を演じる、和田琢磨さんの撮り下ろし&インタビューを行いました。舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜から出演し、ついに巡ってきた主役――その想いは一層強いものなんだと感じました。

刀ステが始まった時から(三日月宗近役の)鈴木拡樹くんが掲げていた「戦い続ける座組」という言葉は、自分の中で特に響いている。彼が座長として「戦い続ける」と掲げた意味はすごく大きいと思う。だから今回も、いろいろな面で戦い続けたい

座長としては自分ですべきことをしっかりして、そこからみんなに受け取ってもらうタイプ。前作を超えるためにも、みんながいつも新鮮な緊張感と向上心を持って稽古に取り組めるように、全力で刀を振ろうと思っている

最新作への意気込みも、刀ステシリーズ初出演からの歩みも語っていただきました。大作のバトンを受け取り、次に繋げるという大きな役割を担う本作。鍛錬を積み、洗練された和田さんの歌仙兼定に期待が高まります。そして、CUT初登場ということで、和田さんのパーソナルな部分にも触れています。自分の感情との向き合い方や役者としての今後まで……。今回のインタビューを通し、ご自身の考え方や振る舞いも歌仙兼定と通ずるものがあるなと多々思う場面があり、この配役は本当に運命なんだと感じざるを得ないなと思いました。(渡部香)


舞台『刀剣乱舞』最新作主演・歌仙兼定役の和田琢磨がCUT6月号に初登場!
Cut 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする