CUT6月号(5/19発売)の表紙は『るろうに剣心』。『最終章』の真実に迫る大特集!!

CUT6月号(5/19発売)の表紙は『るろうに剣心』。『最終章』の真実に迫る大特集!! - ©和月伸宏/集英社 ©2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会©和月伸宏/集英社 ©2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

5月19日発売予定のCUT6月号の表紙巻頭特集は、『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』!!!
映画第1作から『るろ剣』を置い続けてきたCUTが送る、最後の、渾身の大特集です。以下、本日発売のCUTに掲載した告知文を全文掲載します。いよいよ今週末、『The Final』の公開から始まる『るろうに剣心』の最後を、CUTも全身全霊で見届けます。ぜひ、お楽しみに。

ーーーーー
新型コロナウイルスの脅威が世界を覆って早1年以上。特に昨年の今頃は初めての緊急事態宣言が発令され、街からは人がいなくなり、エンターテインメント界においても、興行やリリースが次々と延期や中止を発表していくという事態に陥った。こと我々CUTにおいても、大きく特集を組もうと思っていた作品が公開延期になり、急遽別の特集を組む――なんてことが度々起きていたわけだが、中でも、延期の報せに編集部が大きく肩を落とした作品のひとつが『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』だった。何しろ、その年の「誰も観てない映画特集(2月発売の2020年3月号)」では、2020年の公開作の中でも最重要の一作として、表紙巻頭のぶっちぎり最速特集を組むほどに編集部一同『るろ剣』に懸けていたし、その号に対する読者のみなさんの熱すぎる反応を見ていても、本当に多くの人がこの『最終章』に期待していることが伝わってきていた。だから、緊急事態宣言の最中であらゆる状況が不透明になっても、我々はギリギリまで当初の公開タイミングの表紙を空けて待っていた。しかしご存知の通り、公開を約1ヵ月後に控えながら延期が決定。当時の状況からしてそれは確実に英断だったのだが、ぶつけようのない悔しさを胸に、「CUTはいつまでも『るろ剣』を待ち続ける」と、強く誓ったのである。
そんな紆余曲折を経て、来る4月23日&6月4日、ついに『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』が公開される。ここまでの流れからしてお気づきだろうが、当然CUTは、この『最終章』を全力で迎え撃つ。2012年の第1作から、長きにわたって『るろうに剣心』を追いかけてきたCUT。その決着の場は次号=2021年6月号(5月19日発売予定)――『The Final』と『The Beginning』のちょうど中間のタイミングで、この『最終章』の真実に迫る表紙巻頭大特集をお届けする。緋村剣心=佐藤健や大友監督のインタビューはもちろんのこと、原作者・和月伸宏先生へのロングインタビューやキャスト陣へのアンケートなどを掲載予定。映画『るろうに剣心』の10年を締め括るに相応しい特集にすべく、いろんな想いを詰めに詰めて、現在鋭意制作中だ。表紙を含めたビジュアル回りについても、映画宣伝チーム全面協力のもと、スペシャルでセンセーショナルなものに仕上がる予定なので、映画の公開とともに、ぜひこちらも楽しみにしていてほしい。(安田季那子)
ーーーーー


その他、現状予定しているラインナップは以下の通りです。
(内容は変更になる可能性がございます。ご容赦ください)

表紙巻頭特集:『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』

菅田将暉×Fukase(SEKAI NO OWARI)
小栗旬
中村倫也×山田裕貴
花江夏樹
夏帆
など


CUT6月号は現在以下にてご予約可能です。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする