木村カエラ、会心のアルバム『MIETA』に迫った!

木村カエラ、会心のアルバム『MIETA』に迫った!

先月末の横浜アリーナでの10周年ライブ、両日とも素晴らしかった。
http://ro69.jp/blog/japan/112350
http://ro69.jp/blog/japan/112357

ライブ中に発表されたニューアルバム『MIETA』。
これまでの木村カエラのどのアルバムよりも陽性でパワフルです。
強靭で前向きなエネルギーが放たれている、すごく良いアルバム。

絶賛発売中の『ロッキング・オン・ジャパン』1月号に載ったロングインタヴュー。
カエラの辿りついた境地がよくわかると思うので、是非読んでもらいたいです。

横浜アリーナは2日目の最後の最後でカエラは感極まっていたのだけど、その涙の理由にも迫っている。
カエラ10周年ということは、バンマスのようちゃん、鉄壁のソングライティングコンビであるしのっぴ等、カエラの歴史には欠かせないメンバーで構成されているカエラバンドもほぼ10周年だということ。
今回のインタビューでは知られざるバンドの歴史もたっぷりと語られていて、木村カエラってソロアーティストでもあるけど、ロックバンドのフロントマンなんだなあ、という深い感慨がこみあげてくる。

撮りおろし写真も、カエラの大好きなティム・バートン風味もあってかっこいいですよ。

12月28日はCOUNTDOWN JAPAN 14/15のEARTH STAGEのトリ前に登場!
http://countdownjapan.jp/

(小松)
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする