ヤバイTシャツ屋さんとシリアスな話

ヤバイTシャツ屋さんとシリアスな話
デビューアルバムから半年も経たぬうちに、メジャー2発目のシングル『パイナップルせんぱい』を9月20日にリリースするヤバイTシャツ屋さん。
ヤバTなのだから、もちろん"パイナップルせんぱい"という曲は入っていません。
"ハッピーウェディング前ソング""眠いオブザイヤー受賞""とりあえず噛む"を含む全4曲。
"とりあえず噛む”はロッテ「キシリトールガム」のCMに書き下ろしたやつです。
公式サイトに1分17秒のショート・バージョンがアップされてますね。

前回の『ROCKIN'ON JAPAN』のインタビュー(2017年5月号掲載)もそうだったけど、たとえば芸人さんにネタの話を訊くと、深く考えて真剣に作っているものだから、どうしたってまじめな、シリアスな話になる。
それと同じで……って、同じか? 同じっていうとちょっとアレかな、まあいいや。
とにかくヤバTも、作っているものがめちゃおもしろいからと言って、そういう「あははは!」みたいな話には、まあ、なりません。
逆に、作品がおもしろいということは真剣にシリアスに作っているわけで、どうしたってまじめな話になるわけです。
今回もそうなった上に、ロック・バンドとして硬派で王道である、そういう信念に基づいた活動を貫いている、ということも、リアルにわかる話になりました。マジで。
こやまたくやも、しばたありぼぼも、もりもりもとも。

ぜひお楽しみに。
あ、でも写真はちょっと、おもしろ方向かもしれません。そちらもぜひお楽しみに。(兵庫慎司)
ROCKIN'ON JAPAN 編集部日記の最新記事

最新ブログ

フォローする