さよなら、ヒダカトオル! MONOBRIGHTツアーファイナルにして旅立ちの日@FEVER

さよなら、ヒダカトオル! MONOBRIGHTツアーファイナルにして旅立ちの日@FEVER
ツアーファイナルにして5人編成モノブライトのラストライヴ。笑いあり、毒気あり、まったりあり、イッキあり、フロア乱入あり、感動ありのてんこ盛り、かつ素晴らしいライヴだった! アルバム『新造ライヴレーションズ』にも参加したタブチヒサコと吉村秀樹もゲスト参加。レコーディングライヴによって生まれたこのアルバムは、ライヴによって完成したと言える。
いい曲が多いバンドだったが、新作によってロックバンドとしての強度がぐっと上がった。これがヒダカの功績だろう。
「俺と離婚してもいじってくれるお客さんがいるから安心」、桃野「100人以上の鬼嫁が」とか、「モノブライトのこと嫌いになっても私のこと嫌いにならないでね」とか、憎まれ口を言って会場を沸かせていたが、本編最後の“旅立ちと少年3”は本当に感動的だった。
アンコール“ゆあそう・びゅーちふる”ではたっぷり美声を聞かせ、ダブルアンコール“DANCING BABE”ではフロア全体がお祭り騒ぎとなって爆発した。最後には、フロアから「ありがとう!」という声が絶えずに響いていた。

この後、4人となったモノブライトは1月30日ベストアルバムを発売すると発表された。3月3日、4月3日にはライヴも決定!
初4人ライヴとなるカウントダウン・ジャパン、12月28日は必見!

今日のライヴは12月28日発売JAPANでライヴレポート掲載。また、ベストアルバムの詳細は、明日発売のJAPANのSCENEに掲載されているので写真とともに要チェック!

下の写真はセットリスト。(井上)
さよなら、ヒダカトオル! MONOBRIGHTツアーファイナルにして旅立ちの日@FEVER
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする