音速ライン、ニューアルバムと結成10年目の「今」を語る

音速ライン、ニューアルバムと結成10年目の「今」を語る

発売中のJAPAN・Perfume号に掲載してます。今年、結成10年目をむかえる音速ライン。藤井敬之(Vo・G)と大久保剛(B)のやり取りは相変わらずゆったりとしていて、微笑ましい。けれどもそこに、10年という年月を経たからこそ生まれた「使命感」が浮かび上がってくるインタヴューです。

ニューアルバム『from shoegaze to nowhere』はふたりの音楽的ルーツが詰まった作品なのだけど、単なる趣味的なものにはならず、外向きに拓けたクリアでテンションの高い一枚になっている。テキストを読んでもらえば、そうなった理由がわかると思います。インタヴュアーはライターの上野三樹さん!(塩澤)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする