JAPAN JAMのエレカシとChara (兵庫慎司の「ロック走馬灯」)

JAPAN JAMのエレカシとChara (兵庫慎司の「ロック走馬灯」)

JAPAN JAMネタ、もうひとつ。
同じく2日目、エレファントカシマシ×Charaのステージのことです。

これも、もう、「うっわあ、今、ありえないものを観て聴いてるわ、俺ら……」
と、その場にいる人みんなが、フリーズするような瞬間だった。
いや、フリーズしてなかったけど、超盛り上がっていたけど、
でも盛り上がりながらも、そんな、夢なのか現実なのかわからないような、
なんというかこう、ふわふわした気持ちになった方、多いのではないかと思う。
というか、私、なりました。

ただし。観ていて、二回だけ、その「ふわふわ」から、
現実に戻った瞬間があった。
最初と最後です。

まず最初。
Charaが登場し、会場がワーッ! ってなった時、Chara、
「イェーイ!」って感じで、宮本にハイタッチをした。
宮本、そのハイタッチを、うまく受けられなかった。

そして最後。
いったん下がったCharaが、13曲目「コールアンドレスポンス」で再び登場、
宮本と共にがんがん歌いまくって、もう死ぬほど盛り上げたあと。
去り際に、Chara、また、「イェーイ!」って感じで、
宮本のところへ行き、肩を組んだ。
宮本、その瞬間、動きが固まった。

言っておきますが、笑っているのではありません。
ただ、エレカシが、まだアンコールとかMCとかやらなくて、
たまにしゃべったと思ったら客に怒鳴り散らして、
客電つけっぱなしでライブやってた頃からの、
つまり、エレカシがまだ、エピックで双啓舎だった頃からのファンとしては、
「ああ、宮本だなあ」と、好ましく思った、という話です。
なので、もしこれ読んでも怒らないでください、宮本さん。
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする