ジョージ・ハリソンのVoとギターがエリック・クラプトンの新作に登場

 ジョージ・ハリソンのVoとギターがエリック・クラプトンの新作に登場

★5月20日にリリースされるエリック・クラプトンの最新アルバム『I Still Do』の収録曲” I Will Be There”に、

「生前に録音されたジョージ・ハリソンのヴォーカル&ギターがフィーチャーされている!!!」と各欧米メディアで報じられている。

★事の始まりは、最近クラプトンの英公式サイトに最新作のトラック・リスト&詳細がUPされ、

うちの収録曲”I Will Be There”のギター&ヴォーカルのクレジットに、
ジョージ・ハリソンの変名=「L' Angelo Misterioso」が記されている、ことが発端。

ハリソンはかつてクリームの作品『Goodbye(1969年)』に収録されている”Badge”でコラボした際も同じ変名を使っていた。

★クラプトンの23枚目の最新スタジオ・アルバム『I Still Do』のプロデュースは、グリン・ジョンズ(レッド・ツェッペリン、ザ・フーetc)。
アートワークは、ザ・ビートルズの『サージェント・ペッパーズ・~』等でも知られるサー・ピーター・ブレイクが手がけている。

トラック・リストは以下のとおり。


Eric Clapton / I Still Do

1, Alabama Woman Blues
2, Can't Let You Do It
3, I Will Be There
4, Spiral
5, Catch the Blues
6, Cypress Grove
7, Little Man, You Had a Busy Day
8, Stones In My Passway
9, I Dreamed I Saw St. Augustine
10, I'll Be Alright
11, Somebody's Knockin'
12, I'll Be Seeing You

★なお、クラプトンは今年の4月に通算21回目の来日公演も決まっている。
詳細はこちら→http://ro69.jp/news/detail/133987
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事

最新ブログ

フォローする