仙台で最高にエモく泣けるねごとを観る

仙台で最高にエモく泣けるねごとを観る
仙台だよ、来ましたよ仙台。
ものすごいいいライヴができてるって、すごい楽しいんだって、絶対観にきてほしいって幸子にも瑞紀にも言われて、それじゃあすぐ行くってことで本当に来ました。
来てよかった。

今日観ることができたのは、過去最高に熱く楽しくエモく素晴らしく、そして深く泣けるねごとでした。
『VISION』に4人が込めたのはそういう願いだったんだということがあらためてわかった。
熱く楽しくエモく素晴らしく、そして深く泣けるねごとになりたかったんだなあ、、、。
そして、あえて言うなら、僕たちはこんなねごとが観たかったんじゃないか。

特に"endless""Time machine""憧憬"。
この3曲が本当によかった。
「物語」にオーディエンスを巻き込んでいくことで感動を生み出すだけでなく、あくまで楽曲自体の力で感動を生み出す、というスタンスがねごとらしいなと思った。
不器用っちゃ不器用、しかし誠実そのものであるスタンス。
ちゃんと4人は4人らしく進んでいる。

お疲れ様!
牛タン食って帰ります。胸はいっぱいですが。
小栁大輔の「にこにこちゅーんず」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする