フォーリミの新曲”Squall”を聴いて、僕はなぜあんなに嬉しくなったのか

フォーリミの新曲”Squall”を聴いて、僕はなぜあんなに嬉しくなったのか
というインタビューを、4人にさせてもらいました。

実際、”Squall”は本当にいい曲だと思う。
向かい風の中をまっすぐに突っ走っていくような、汚れるところのない、こういうフォーリミ楽曲が単純に好きなのだというのもある。

ただいい曲を作れる力だけでなく、目的意識を持って、その意識でもって確かな名曲を書ける力、というのはまた別物だとして。
GENはそういう才能をちゃんと持っている。
フォーリミがまとっている、いい意味でのシーンへの染まらなさ、という空気感はそういうところに起因していると思う。

いかなる時代においても、フォーリミはフォーリミのまま、戦い続け、勝っていくーーそんな宣言が込められた楽曲として、”Squall”は素晴らしい。

というわけで、04 Limited Sazabysの新たな王道をいく楽曲としての”Squall”インタビューになっています。

ぜひ読んでもらいたいです。
小栁大輔の「にこにこちゅーんず」の最新記事

最新ブログ

フォローする