桑田佳祐の東京ドーム公演を観て思ったこと。『がらくた』という作品に込められていたもの

桑田佳祐の東京ドーム公演を観て思ったこと。『がらくた』という作品に込められていたもの
あらためて、とんでもないライブだった。

桑田佳祐のライブにいまさらとんでもないも素晴らしいもないだろう、という話だが、それでもやはり、「とにかくとんでもなかったんだよ」「とにかく素晴らしかったんだよ」と誰かに伝えたくなってしまって仕方ない、そんなライブだった。

とにかく、とんでもなく素晴らしいものだった。

『がらくた』という最新作のタイトルが冠されているツアーなのだが、桑田佳祐は何をもって自らの最新作を「がらくた」と表し、何をもって自らを「がらくた職人」と称するのか、その理由が明快に示されたライブだった。

言うまでもなく、桑田佳祐の音楽が本当に「がらくた」であると思っているリスナーはひとりもいないだろう。
だが、同時に、桑田佳祐が自らのポップミュージックに「がらくた」と名付けた理由がまったくわからない、というリスナーもやはりいないのではないか。
そして、このライブを観て、ソロデュー30周年を経た天才が今、自らの音楽に「がらくた」と名付けたことの正しさと強さを感じなかったオーディエンスもやはりいなかっただろうと思う。

老若男女の様々な思い出のシーンに寄り添ってきた30年分の名曲から、今なお進化し続ける驚異的な音楽的冒険心によって導かれる最新曲まで。
あらゆる楽曲、あらゆる瞬間に、「重み」と「新鮮さ」が同じ分だけ刻まれているということの凄さは説明の仕様がない。
ポップスをがらくたとして愛し、がらくたの中に大衆性を見出し、大衆性を生み出しイノベイトしていくことに自らの生業を重ね合わせてきた表現者だけが到達した、とんでもない高み。

それが『がらくた』という傑作であり、今回のツアーなのだ。

「常に最新作が最高傑作である」ことは確かに理想だと思うし、桑田佳祐は常にそういう存在であり続けてきたわけだが、今こそがもっともこの言葉を体現していると思う。

巨大エンターテインメント空間のど真ん中で、何万人もの人生のシーンを受け止めながら、息ひとつ切らすことなく30年の名曲を歌い上げていく桑田佳祐を観ていて、今この日本に、今この桑田佳祐がいてくれることの幸福を感じた。

次号JAPANにはこのドーム公演のロングレポートを掲載します。
小栁大輔の「にこにこちゅーんず」の最新記事

最新ブログ

フォローする