グリーン・デイのビリー・ジョーが、「9月だ。目を覚ませ。トランプを追い出せ。投票登録しろ」と吠える

グリーン・デイのビリー・ジョーが、「9月だ。目を覚ませ。トランプを追い出せ。投票登録しろ」と吠える - pic by Akemi Nakamurapic by Akemi Nakamura

グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングが、9月になったので、「目を覚ませアメリカ」と現職大統領を追い出すために選挙登録をするように呼びかけている。


9月に目を覚ますと言えば、グリーン・デイには“Wake Me Up When September Ends”という、「9月が終わったら起こしてくれ」という曲がある。


これはビリー・ジョーのお父さんが亡くなった後、彼がお母さんに言った言葉だったということだが、これをモジって彼がインスタでこう叫んでいる。「2020年9月1日だ。俺はこのアメリカで思い切り目を覚ましている」と。

「今年は我々の人生においても本当に前代未聞の年だ。感染症が世界に広がり、人種差別の反対運動が起きている。

曲の中で《9月が終わったら起こしてくれ》と歌ったが、今こそみんな目を覚ませ、選挙登録をしろとお願いしたい。

俺は、心からジョー・バイデンを大統領に、カマラ・ハリスを副大統領に支援する。心に迷いはひとつもない。俺の情熱すべてを、バイデン/ハリスに捧げる! トランプを追い出さなくてはいけない。

あと4年トランプにオフィスにいてもらう余裕は、アメリカにはないんだ。

俺達の民主主義が危険に晒されているから。俺達の地球が危険に晒されているから。俺達の国民全員のための健康保険制度が危険に晒されているから。俺達には正義が必要だ。平和が必要だ。警察改革が必要なんだ。

だから18歳以上なら、お願いだから投票登録してくれ!! これは緊急な問題なんだ。国の緊急事態なんだ。俺達は9月から11月3日までしっかりと目を覚ましていなくてはいけない!!!

これは、アメリカの魂をかけた戦闘準備の招集だ! この選挙に俺達の命がかかってるんだ! 友達も捕まえて投票登録してくれ! 友達を連れて投票に行ってくれ! みんなに伝えてくれ! #nottrampnokkkonfasciastusa

https://www.headcount.org/
または
https://www.headcount.org/registertovote/

俺達の民主主義が決まる重要な時だ! 以下にそれぞれの州の締め切りがある。その日までに登録してくれ。

今すぐにしてくれ! 締め切りまで待つな!」


ビリーは、各州の締め切りを表示した後、“American Idiot”などの映像を貼付けている。


また、ビリーはインスタグラムの投稿に「#nottrumpnokkknofascistusa」というハッシュタグを付けているが、それは彼らが2016年にトランプが当選した直後に『アメリカン・ミュージック・アワーズ』に出演した際、楽曲“Bang Bang”のパフォーマンス中に歌ったもの。


MDCの“No War, No KKK, No Fascist USA”をモジったものだ。


あと61日しかない(怖)!
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする