超話題のザ・リンダ・リンダズ、早速TVで初ライブ披露! ザ・ブルーハーツと映画『リンダ リンダ リンダ』についても語る

超話題のザ・リンダ・リンダズ、早速TVで初ライブ披露! ザ・ブルーハーツと映画『リンダ リンダ リンダ』についても語る

LAの公立図書館で「人種差別、女性差別する男子へ!」向けたカッコいいパンク・ソングを披露して以来、一瞬で国民の心を虜にしたまだティーンエイジャーですらないザ・リンダ・リンダズ。当然とも思うが、早速民放TV番組『Jimmy Kimmel Live』に出演した。

2曲も披露し、インタビューにも答えている。以下映像。


メンバー4人は、左から、ミラ、ルシア、エロイーズ、ベラ。ミラとルシアが姉妹で、エロイーズが従姉妹、ベラが親友だ。

●インタビューでは早速バンド名の由来を聞かれている。

「『リンダ リンダ リンダ』という日本のインディ映画があって、そこに高校生の女の子達が出てるんだけど、その中で、彼女たちがザ・ブルーハーツというバンドの“リンダ リンダ”という曲をカバーするの。だから私たちはその両方(映画と曲)から取ってこのバンド名にしたの」


「私たちは誰もリンダって名前じゃないんだけどね(笑)」


●また、図書館で披露した“Racist, Sexist Boy”についても説明。内容的には、ライブで語っていたことと一緒だ。

それに付け足して、「私たちと同じ年の男子に限らず女性差別が至るところにあって、本当にムカついていた。だから、曲にした」と語っている。

●自分たちがバズったのをどうやって知ったか?

「歴史のクラスにいたら、携帯が鳴り続けて、先生から、『何してるんだ?』って睨まれたの。それでインスタを開けてみたら、全員の投稿が私たち一色だった。それでワオ!と思ったわけ(笑)」



●歌に歌われている「人種差別で、女性差別の男子」はどうなった? 彼はこんなことになったのを知ってるのか?

「知らないし、どうでもいい(笑)」


ライブでは、“Racist, Sexist Boy”と“Claudia Kishi”を披露している。

彼女たちは、図書館でのライブの直後にエピタフ・レコードと契約した。ミラとルシアのお父さんが、レコーディング・スタジオを持っているプロデューサー兼エンジニアだが、過去にパラモアベスト・コースト、そしてバッド・レリジョンと仕事したことがあったそう。

なるほど、そういうつながりで、エピタフと契約したのだろう。



『ロッキング・オン』最新号のご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

超話題のザ・リンダ・リンダズ、早速TVで初ライブ披露! ザ・ブルーハーツと映画『リンダ リンダ リンダ』についても語る - 『rockin'on』2021年7月号『rockin'on』2021年7月号

中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする