続スミス・ウェスタンズ、ステージ崩壊。演奏中に逃げろ!と言われて逃げたということ。

ひとつ前のブログに続き、スミス・ウェスタンズがステイトメントを発表しました。


なんとステージが崩壊したのは、演奏開始前ではなくて、演奏中だったとのこと。マネージャーに「逃げろ」と言われて逃げて本当に危機一髪で助かったとのこと。


「僕らがPukkelpopで1曲目の演奏を終えたところで、ステージとテントが揺れ始めたんだ。でも、単に台風が通りすぎているだけだと思っていた。だから、チープ・トリックのことについてコメントした後に、2曲目の演奏を始めようとしていた。その時にツアー・マネージャーに、ステージから逃げろ、と言われたんだ。その瞬間マックスの目の前30センチくらいのところで木が倒れて、これはテントが倒れるんじゃなくて、ステージごと壊れるとはっきり分かった。そこからは混乱状態だったから、何が起きたのか分からなかったけど、救急車が出動したので、ことの重大さが分かった。現時点では複数の方の死が確認されているよう。今日のこの悲劇で亡くなった方達のご家族にお悔やみ申し上げるとともに、亡くなった方のご冥福をお祈りします。」
http://consequenceofsound.net/2011/08/smith-westerns-stage-collapses-at-pukkelpop-festival/


この事故で亡くなった方の人数は、3人からいったん2人になったものの、また3人になったりと変動し続けている状況です。


この日フェスに出演する予定だった他のバンド、ジェームス・ブレイクや、フリート・フォクシーズなども次々に亡くなった方達にご冥福をお祈りするとともに、自分たちのバンド、クルーは無事であるとツイートしています。
http://twitter.com/#!/fleetfoxes
http://twitter.com/#!/jamesblake


またビリー・コーガンはこの場にはいませんでしたが、亡くなった方達にご冥福をお祈りしつつ、自分たちが昔暴風雨だったため、演奏を中断したら、ファンから物を投げられたことがある、と何気に文句を言っています。らしいです。
http://twitter.com/#!/billy
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする