10年に一度、批評家&監督が決定する史上最高の映画10本。50年ぶりに1位に異変&監督が選ぶ1位は日本映画!

  • 10年に一度、批評家&監督が決定する史上最高の映画10本。50年ぶりに1位に異変&監督が選ぶ1位は日本映画!
  • 10年に一度、批評家&監督が決定する史上最高の映画10本。50年ぶりに1位に異変&監督が選ぶ1位は日本映画!
  • 10年に一度、批評家&監督が決定する史上最高の映画10本。50年ぶりに1位に異変&監督が選ぶ1位は日本映画!
  • 10年に一度、批評家&監督が決定する史上最高の映画10本。50年ぶりに1位に異変&監督が選ぶ1位は日本映画!

イギリスの映画雑誌『Sight and Sound』が主催で10年に一度投票が行われ決定される史上最高の映画10本。
http://www.hollywoodreporter.com/news/vertigo-citizen-kane-greatest-film-of-all-time-357266?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

846人の映画専門家によって選ばれる批評家部門で、なんと今年は50年ぶりに『市民ケーン』が1位の座を奪われ、アメリカでは大きなニュースになっています。代わりに、1位の座を奪ったのはヒッチコックの『めまい』でした。

批評家の選ぶ史上最高の映画10本:

1. 『めまい』アルフレッド・ヒッチコック、1958
2. 『市民ケーン』オーソン・ウェルズ、1941
3. 『東京物語』小津安二郎、1953
4. 『ゲームの規則』ジャン・ルノワール、1939
5. 『サンライズ』F.W. ムルナム、1927
6. 『2001年宇宙の旅』スタンリー・キューブリック、1968
7. 『捜索者』ジョン・フォード、1956
8. 『これがロシヤだ』ジガ・ヴェルトフ、1929
9. 『裁かるるジャンヌ』カール・Th・ドライヤー、1928
10. 『8 1/2』フェデリコ・フェリー二、1963


また、ウッディ・アレン、マーティン・スコセッシ、クエンティン・タランティーノなど358人の監督が選ぶ史上最高の映画10本リストも発表。1位が『東京物語』なのは大変な名誉。

監督が選ぶ史上最高の映画10本:

1. 『東京物語』
2. 『2001年宇宙の旅』
3. 『市民ケーン』
4. 『8 2/1』
5. 『タクシードライバー』マーティン・スコセッシ、1980
6. 『地獄の黙示録』フランシス・フォード・コッポラ、1979
7. 『ゴッドファーザー』フランシス・フォード・コッポラ、1972
8. 『めまい』
9. 『鏡』アンドレー・タルコフスキー、1974
10.『自転車泥棒』ヴィットリオ・デ・シーカ、1948

ちなみに、『地獄の黙示録』の評価や『ゴッドファーザー』についての思いをコッポラが最新号のカット8月号で熱く語っていますので、是非読んでみてください!
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする