ビョークにインタビュー。「この5年間で一番観ているのは宮崎駿映画」。「屋久島でのハイキングが大好き」と語る

ビョークにインタビュー。「この5年間で一番観ているのは宮崎駿映画」。「屋久島でのハイキングが大好き」と語る

現在発売中のロッキング・オン最新号でビョークにリミックス・アルバム『バスターズ』についてインタビューしました。
http://ro69.jp/product/magazine/detail/75533

それでそのインタビューページでは、スペースの関係上と、内容的にちょっとくだけたので掲載できなかったのですが、ビョークが最近はまっていること、という話になり、元々ハイキングをするのが好きだということなのですが、なんと「屋久島」でハイキングするのが好きという話に。さらに、過去5年間で一番観ているのは、宮崎駿映画だと教えてくれました。

「屋久島は『もののけ姫』の舞台だったところでしょ。本当にマジカルなところだわ!それでハイキングをすると、あれは歩くリズムに関係しているのかもしれないんだけど、しばらく歩くと、心と体が絶対にシンクロしていくのよね。だからほとんどの曲はそうやってハイキングしながら書いたと言っていいわ。歩いている間にすべてものがひとつになっていくの。それは都市でハイキングしても起きない現象なのよね。田舎じゃないとダメなの」
●今『もののけ姫』とおっしゃいましたが、実は時々宮崎アニメのキャラクターとあなたが重なることがあるのですが。
「本当に?ありがとう!」
●とりわけ、ナウシカと重なります。それに、どこかであなたが地球を救済してくれくれるようなイメージがあるからです。
「(笑)私には、10歳の娘がいるでしょ。だから、この5年間というもの、どの映画監督の作品よりも、宮崎アニメを一番観ていると思うわ(笑)。
もちろん宮崎アニメの主人公を自分だと思ったことはないけど、でも、主人公の女の子達は本当に大好きだわ!それに、息子が生まれた時は気付かなかったんだけど、女の子がヒーローである映画自体すごく少ないのよね。娘のためにDVDを捜し始めた時に気付いたの。ヒーローは男ばかり、なんていうのは、もう過去の歴史だと思っていたけど、実際はそうではなかったのよね。今もそうなのよね。もちろん変わりつつあるとは思うんだけどね」
●アントニー(&ジョンソンズ)はいつも、過去の歴史を覆して未来は女性性こそが世界をリードしていくべきだと言っていますよね。だから、アントニーとビョークと宮崎アニメの主人公に世界をリードしてもらいたいと思います。
「(笑)そんな素晴らしい人達の中に、私の名前も入れてもらえて本当に光栄だわ。ありがとう(笑)」

最新号のインタビューでは、写真の『バイオフィリア』ツアーが日本に来る可能性についても語ってくれています。
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする