エド・シーラン、グラミー賞で年間最優秀楽曲賞を受賞

エド・シーラン、グラミー賞で年間最優秀楽曲賞を受賞

現在ロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催されているグラミー賞授賞式だが、エド・シーランの"シンキング・アウト・ラウド"が年間最優秀楽曲賞に輝いた。

エドは過去3年間最優秀アルバム賞や楽曲賞などの受賞最終候補に推挙され続けてきたが、今回が初めての受賞となった。盟友のテイラー・スウィフトもスティーヴィー・ワンダーによる発表に飛び上がっての大喜びだった。ほかの候補はケンドリック・ラマーの"オールライト"、テイラーの"ブランク・スペース"、リトル・ビッグ・タウンの"Girl Crush"、ウィズ・カリファの"シー・ユー・アゲイン"だった。

その前後にはスティーヴィー・ワンダーとペンタトニックスによるアース・ウインド&ファイアーのモーリス・ホワイトへのトリビュート("暗黒への挑戦")やイーグルスとジャクソン・ブラウンによるグレン・フライへのトリビュート("テイク・イット・イージー")・パフォーマンスが行われた。(高見展)

最新ブログ

フォローする