ジョニー・マーはやっぱりの永遠のギター・ヒーローだった!!

ジョニー・マーはやっぱりの永遠のギター・ヒーローだった!!

ギター・ヒーロー、マー樣、ついにソロでフジ降臨!
あのギターと声が山に響きわたり、 世界がジョニー・マー色に染まる、至福の一時だった。

もちろん、これまでもギタリストとしてはグリーンのステージには立っているものの、ソロ名義での出演は初めて。
というより単独がキャンセルとなっていたわけで、まさに悲願のソロ来日ライヴなのだ。

スミスのあの曲もこの曲も、
昨年出たソロの曲も、
等身大のジョニー・マーの音として
自由に、リアルに、鳴っていた。

エレクトロニック“ゲッティング・アウェイ・ウィズ・イット”からの
デペッシュ・モードの“アイ・フィール・ユー”、
からのスミスの“ハウ・スーン・イズ・ナウ?”も最高。
あの、ギターのイントロが生で聴けるとは!

頭のうえにギターを王冠のようにいただいてのプレイ、
そして最後にまさかの投げキス!

途中のMCでも、
「サンキュー・マイ・ダーリンズ!」と言っていてびっくりした。
フロント・マンになるとこんなに違うんだ。
クリブスの時は、ギターを置くや否や、アンプの上のジャケットを持ってさっとはけていたのに。

カッコのよすぎて痺れた!!
(井上貴子)
rockin'on 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする