デヴィッド・ボウイ大回顧展が永遠になる! 3Dによるデジタル・コンテンツ作品として「DAVID BOWIE is」のリリースが決定‼

デヴィッド・ボウイ大回顧展が永遠になる! 3Dによるデジタル・コンテンツ作品として「DAVID BOWIE is」のリリースが決定‼ - Photograph from the album cover shoot for Aladdin Sane.1973.Photograph by Brian Duffy Photo Duffy ©︎ Archive & The David Bowie Archive


Photograph from the album cover shoot for Aladdin Sane.1973.Photograph by Brian Duffy Photo Duffy ©︎ Archive & The David Bowie Archive
デヴィッド・ボウイ大回顧展が永遠になる! 3Dによるデジタル・コンテンツ作品として「DAVID BOWIE is」のリリースが決定‼
世界12都市を巡回した大回顧展「DAVID BOWIE is」が7月15日ブルックリンで幕を閉じ、悲しんでいるファンも多いと思うが、とんでもなく嬉しいニュースが届いた。
そこに展示されていた膨大なアーカイヴが、なんとAR(拡張現実)及びVR(仮想現実)によるフォーマットによって、デジタル・コンテンツとしてリリースされるのだ!!

3Dスキャンによって保存された衣装や貴重な展示品は、細部までじっくり見ることが可能となり、聴覚と視覚を通じて、ボウイの生み出した芸術作品や彼の生涯と再び、しかしながら新しい体験として、向き合うことができる。
こんな試みはもちろん世界で初めてだ。

デヴィッド・ボウイのアーティストとしての魅力はいくつもあるが、その最もすごいところは、次の世代に新しいインスピレーションを与え続ける、というところだと思う。

今回の企画によって、デヴィッド・ボウイの遺物が永遠に残ることはもちろん嬉しいが、それ以上に、
彼のアートの足跡から、また新しいアートの形が生まれるとは、なんと素晴らしいことだろう!

また、「デヴィッド・ボウイがここにいる」というのが、大回顧展「DAVID BOWIE is」の一貫したテーマなわけで、たとえばブルックリン展では、ボウイのシンボリックな姿やアイコンが、神出鬼没に街のあちこちに設置されていたそう。
自分のプライヴェートな場所で、このデジタル・コンテンツを観ることによって、そのテーマがどのように感じられるのかも楽しみだ。

ボウイの50年におよぶキャリアを衣装や写真、直筆の詩や絵画、スケッチなどで振り返った「DAVID BOWIE is」は、実現したこと、しなかったことも含め、彼のアイディアの宝庫でもあった。
ブルックリン展では、さらに初めて展示される品も100点ほどあったとのことだが、今回のリリースでは、それを体験できるのだろうか?


世界各地で回顧展に参加した200万以上の人は、このリリースの試みがどれほど画期的か解るだろうし、
参加していない人にとっては、デヴィッド・ボウイというアートそのものな存在を、多面的に解き明かすことができる刺激溢れる体験となるはずだ。

実際の展覧会閲覧と同様の体験が可能なこのデジタル・コンテンツは、9ヶ国語対応にて最初の発売は2018年秋を予定。
リリース元は、2017年、日本にボウイ展を招いた株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント。

作品は、スマートフォン及び大手メーカーVR/AR機器に対応。
制作はニューヨークを拠点とするプロダクション・スタジオPlanetaが、デヴィッド・ボウイ・アーカイヴとロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)の協力の元に行う。
プロジェクトの利益の一部は、デヴィッド・ボウイ・アーカイヴによりV&A及びブルックリン美術館に寄付される。

プロジェクトの詳細はこちら↓
davidbowieisreal.com

https://www.davidbowie.com/blog/2018/7/16/david-bowie-is-virtual-press-release

http://www.sonymusic.co.jp/artist/DavidBowie/info/496999

日本展のサイトには、「DAVID BOWIE is forever and ever」=「デヴィッド・ボウイは終わりのない永遠である」と“ヒーローズ”の歌詞を引用して掲げられ、世界での巡回が続く間公開されていたが、それがまたひとつ現実となって嬉しい。
https://davidbowieis.jp/

そして、まさにこのニュースにぴったりの表紙巻頭特集を、ロッキング・オン8月1日発売(9月号)でお届けします!

デヴィッド・ボウイ「アートとロックの融合」総力特集
『ロウ』『ヒーローズ』『ロジャー』の全てを語った3万字、
そして、ジョイ・ディヴィジョン/NIN/ビョーク/ベック/レディオヘッド/ジェイムス・ブレイクへと続く「ボウイの遺伝子を継ぐ者たち全リスト」

鋭意制作中です。こちらもお楽しみに。(井上貴子)

NYボウイ展ちょっと良い話。ボウイが長年集めていたファンによるボウイの絵が展示されてる。
このブログでも何度か紹介してきたNYブルックリン美術館で開催中のボウイ回顧展”David Bowie is”。今回は、NYだけのちょっと良い話を紹介したい。 世界を巡回してきたこの回顧展、とうとうNYが最後なのだが、その最後に展示されているのはファンが描いたボウイの絵だ。ボウイはなん…
NYボウイ展ちょっと良い話。ボウイが長年集めていたファンによるボウイの絵が展示されてる。
続ボウイ展地下鉄。限定地下鉄カードも発売中。
なんとひとつ前のブログに続き、同じ駅で、限定のボウイ地下鉄カードも5種類販売されていることが判明。うちの駅からふたつなので急いで行ってきた。 すでに長蛇の列。多くが20、30代くらいの女の子だったのが印象的だった。多分今日、明日中にはなくなると思う。 NYの地下鉄では最…
続ボウイ展地下鉄。限定地下鉄カードも発売中。
ボウイの自宅前に巨大なボウイ展の広告があり、じーん……と思ったら、その地下がもっと凄かった。
NYのブルックリン美術館で開催中のデヴィッド・ボウイ大回顧展”David Bowie is”。この間、近所を歩いていたら、なんとボウイの家の真ん前に、どかーんと、ボウイの巨大広告が向き合っていて、思わずじーんとしてしまった。 展覧会のテーマは”David Bowie is H…
ボウイの自宅前に巨大なボウイ展の広告があり、じーん……と思ったら、その地下がもっと凄かった。
ボウイの衣装が自分の部屋に現れる!楽しすぎ!ボウイ展3D追記。
ひとつ前のブログでボウイ展の衣装が360度で見られると紹介しましたが、ちょっと説明が足りなかったので追記。 携帯やiPadで見ると、自分の部屋の中にボウイの衣装が現れるのが分かりましたか?? まずNYタイムズ紙のサイトに行き、 携帯のマークが出てくる瞬間があります。そ…
ボウイの衣装が自分の部屋に現れる!楽しすぎ!ボウイ展3D追記。
ボウイ展の360度写真がカッコよすぎて何度も見てしまう。
一度ブログでも紹介した、NYで開催中のデヴィッド・ボウイ大回顧展”David Bowie is”。 NYタイムズ紙が、展示されているアイコニックな衣装を数点360度で紹介していて、これがカッコ良い。こんな角度で見たことないし、超接近できるので何度もぐるぐる見てしまう。こちら。 …
ボウイ展の360度写真がカッコよすぎて何度も見てしまう。 - Photograph by Dough Mckenzie. Courtesy of The David Bowie Archive
ボウイ展が最終地のNYに来た。他国より100点も展示作が増えていた!!!
日本でも去年開催され大成功を収めたデヴィッド・ボウイの大回顧展“DAVID BOWIE is”。とうとうボウイが“我が家”と呼ぶNYにやって来た。ここが回顧展の最終地となる。 早速行ってきたのだが、何とさすがボウイが住んでいたNY。他国に比べて展示作が100点も増えていたのだ。 …
ボウイ展が最終地のNYに来た。他国より100点も展示作が増えていた!!! - Brooklyn Museum
ボウイはアートを作ったのではない、彼がアートなのだ
ボウイの妻イマンがインスタグラムで96年のボウイのセルフポートレートを公開している。 イマンのコメントに深く同意。
『DAVID BOWIE is』は今日が最終日…
あっという間の3ヵ月だった。 DAVID BOWIE is 「COMING」が、「NOW」と「HERE」に変わった時の喜び。 そして今日、サイトでのカウントダウンが「あと○時間」と刻々と変わっていく状況に緊張している。 今、そこに入る言葉はなんだろう。 「MOVE ON」? 「…
『DAVID BOWIE is』は今日が最終日…
ボウイ一周忌の今日、回顧展「DAVID BOWIE is」では…
一年前の衝撃、というより心と身体の力が抜けてずっとふわふわしているような感覚は、いまでも忘れることはできない。今日1月10日は、デヴィッド・ボウイの一周忌。 2日間の満員御礼を経て開催3日目となる回顧展「DAVID BOWIE is」の会場では、メッセージ・ボードの下にファンの方が献…
ボウイ一周忌の今日、回顧展「DAVID BOWIE is」では…
デヴィッド・ボウイ大回顧展『DAVID BOWIE is』を見て
もう観た方も多いと思う。1月8日よりスタートしたデヴィッド・ボウイ大回顧展、『DAVID BOWIE is』。ボウイのファンの方々はもちろんだが、そうではないという方にも観てほしい。 私が見た日はキュレーターの二人が登場し、会見が行われたが、そのなかで「1973年に初来日したボウイは…
デヴィッド・ボウイ大回顧展『DAVID BOWIE is』を見て
日本上陸のデヴィッド・ボウイ大回顧展『DAVID BOWIE is』を見た!その全貌が明らかに
デヴィッド・ボウイの大回顧展、『DAVID BOWIE is』がついに日本に上陸!ボウイの70歳の誕生日である1月8日からスタートする本開催を前に、ここでは内覧会に参加してのレポートを記しておきたいと思う。 『DAVID BOWIE is』を体験する上でまず何より大事なのは時間。と…
日本上陸のデヴィッド・ボウイ大回顧展『DAVID BOWIE is』を見た!その全貌が明らかに
デヴィッド・ボウイ大回顧展、こんなものが見れた…!
後半ネタバレがあるので、見るまでお楽しみにしたい人はスクロールご注意を。 というわけで、デヴィッド・ボウイ大回顧展『DAVID BOWIE is』メディア内覧会、行ってきた。 ボウイが残した「デヴィッド・ボウイの痕跡」のほぼ全てがあった。 そしてその痕跡のすべてが一つの作品を…
デヴィッド・ボウイ大回顧展、こんなものが見れた…!
rockin'on 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする