ストーリー・オブ・ザ・イヤーはいつ観ても爽快

ストーリー・オブ・ザ・イヤーはいつ観ても爽快

O-EASTで行なわれたストーリー・オブ・ザ・イヤー日本公演最終日。

エモ/パンク界でも屈指の演奏力とオリジナリティに貫かれたライヴをやるバンドだが、今回も圧巻。
眩暈がしそうなほど複雑なリフを余裕綽々で縦横無尽に動き回りながら弾いてみせ、爆音だけに頼らないエンタテインメント性の高いショウをきっちりやってみせる、そんなバンドだ。
ミュージシャンにファンが多いのも分かる。

少し齢をとったかも、とも思ったけれど、そのぶんディスコグラフィを積み重ねてきたことによる楽曲の充実っぷりがハンパではない。セットリストは、彼らのベスト・オブ・ベストのもの。
しかし、今聴いてもファーストの『ペイジ・アヴェニュー』の楽曲はやっぱり必殺。
このバンドのライヴは来日する度に観ておかねばと思う。

しかし、あんなに笑顔に溢れているモッシュ・ピットを見るのは久しぶりだった。
素晴らしいファンを持っているバンドだと思う。(古川)
rockin'on 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする