グリーン・デイの新作は、2分半のご機嫌なロックンロールが詰まっただけのアルバムじゃない。重くて苦い現実とのノイズが鳴り響くロック・アルバムだ。

グリーン・デイの新作は、2分半のご機嫌なロックンロールが詰まっただけのアルバムじゃない。重くて苦い現実とのノイズが鳴り響くロック・アルバムだ。
2分半のロックンロールになったのは、あまりにも現実がヤバいから。その現実を歌ってエンターテイメントにするには2分半が限界だった。そんなリアルが伝わる凄いアルバムを明日の番組でしっかり紹介したい。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする