僕が今日、ロック・イン・ジャパン2021の公式ホームページに書いたメッセージです。

僕が今日、ロック・イン・ジャパン2021の公式ホームページに書いたメッセージです。
安全なフェスを目指し、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021を参加者の皆さんと共につくりたいと思います。

今年のロック・イン・ジャパンは収容人数を例年の半数以下とし、1ステージでの開催となります。 公園、県、市、地元関係者の方々と何度もの話し合いを重ねて私たちが出した開催の形です。 ライブ・エリアでの十分なソーシャル・ディスタンスの確保、会場内での移動を最小限に抑えること、通路における密の回避、そうしたことを実現し、安全なフェスを作ることを最優先した結果です。 2年続けての中止だけはしたくない、全ての関係者の思いはひとつでした。

多くのことを断念せざるを得ませんでした。残念だし悔しかったですが、とにかく安全を第一に開催を目指す、それを最大の目標として、いろいろな問題と向き合いました。 ジャパン・ジャムを一緒に作った、戦友ともいえるアーティスト全員とひたちなかでも再会したい、その強い思いもかないませんでした。 参加者の皆さんにもいろいろな思いがあるはずです。こんな形のロック・イン・ジャパンはロック・イン・ジャパンじゃないと思われる方もいると思います。それに反論することはしません。引き受けていくしかないと思います。 今年は、このロック・イン・ジャパンを受け入れ、引き受けてくれる方とフェスを一緒に作っていきたいと決意しました。

フェスは参加者が作るもの、と私たちはずっと言い続けてきました。フェスを開催する度に、その思いは強くなってきました。 そして、今回のジャパン・ジャムほど、それを強く感じたことはありませんでした。 既にジャパン・ジャムのプロデューサーとしてのメッセージに書かせていただきましたが、あのフェスを絶対に成功させるのだという参加者の皆さんの気迫は凄いものでした。 このコロナ禍の状況でフェスを開催し、それに参加することがどういうことなのか、参加者の皆さんは良くわかっていたし、すこし大げさな表現になるかもしれませんが、覚悟を持っていました。 それがクラスターを生まなかった結果につながったのだと思います。

ジャパン・ジャムの経験を踏まえ、より万全な安全対策を目指します。参加者の皆さんも共に安全なフェスを作ってください。
たくさんのルールがあります。たくさんの規制があります。もしもこれが面倒だと思うのなら参加を断念してください。フェスの現場では、これ以上のモラルが求められるからです。 私たちのフェスにはたくさんのスタッフがいることを、参加された方は知っていると思います。彼らはとても良く仕事をしてくれます。今年もたくさんのスタッフが頑張ってくれます。 しかし例年以上に仕事は多いと思います。そのなかで、このたくさんのルール実行を監視するのはとてもハードルの高いことになります。テントの人数制限が守られているか、定期的に見回ることは凄く大きな負荷となります。 守るという覚悟のある方だけ参加してください。
どんなルールも、守られていない場合は退場を含め、厳しく対処させていただきます。いつものような余裕を持ったオペレーションは困難となります。それを息苦しいと感じる方は参加を断念してください。

コロナ禍の状況下、ひたちなか市の医療に大きな負担をかけないことについても十分な配慮が必要です。病院、救急車、あらゆるものに余裕はありません。 コロナ禍の状況で、その貴重な医療資源はより貴重度が上がっています。私たちは熱中症対策にどこまでも慎重に取り組まなければなりません。参加者の数は半数以下になりますが、救護テントの規模は3倍以上にしています。

今年のロック・イン・ジャパンは開催する側も参加する側も強く覚悟が必要とされます。ただ、その覚悟さえあれば、あのフェス空間はいつものように、あるいはいつも以上に幸福な気持ちで満たされるはずです。
しつこく繰り返しますが、フェスは参加者が作るものです。ジャパン・ジャムの時、参加者の多くの方がメディア取材の矢面に立たされました。本当に申し訳ないと思いました。 しかし、参加者の方はその状況にあっても、堂々とフェスが安全に運営されていることを語ってくれました。私たちがどれだけ頼もしく感じたかは短い言葉では言い尽くせません。
アーティストに対しても戦友という表現を使いましたが、言うまでもなく参加者の方も戦友です。何だか、たかがフェスに参加するだけなのに大げさだし面倒だなと思われた方も多いと思います。 あえて言うなら、そう思っていただくために書きました。1人の方が誤った行動をすれば、フェス全体のイメージが損なわれてしまいます。それを私たちはジャパン・ジャムで学びました。その誤った行動を阻止するのはとても困難です。 ですから共にフェスを作ってくださる方に参加いただきたいのです。どんどん大げさになりますが、頼りは参加するあなたしかいないのです。一緒にフェスを作ってください。

2021年6月8日
ROCK IN JAPAN FESTIVAL総合プロデューサー
渋谷陽一
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする