ロンドン・グラマー、このライブ映像からもハンナの存在感とスター性が強く伝わって来る。ところが彼女自身は自分が女性故に過小評価されている疎外感に苦しんでいた。その現状を克服することがこの最新作のテーマ。

ロンドン・グラマー、このライブ映像からもハンナの存在感とスター性が強く伝わって来る。ところが彼女自身は自分が女性故に過小評価されている疎外感に苦しんでいた。その現状を克服することがこの最新作のテーマ。
ほぼ同時期にアルバムを発表したチャーチズのローレンも同じ主旨の発言をしていた。とても自立して成功しているイメージの女性アーティストの発言だけに重い。映像はBBCでのライブで最新アルバムからのナンバー「ベイビー・イッツ・ユー」。番組では紹介出来なかった曲。

渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする