エレファントカシマシのデビュー30周年イヤーが今日の武道館で幕を開けた!

エレファントカシマシのデビュー30周年イヤーが今日の武道館で幕を開けた!
全27曲、歌も演奏も、すべてが絶好調の素晴らしいライブだった。
「珍奇男」は歴代の名演を超えて新記録を更新するほどだったと思う。
「桜の花、舞い上がる道を」も「ハナウタ」も名演。「東京ジェラシィ」はレアだった。
そしてアンコール最後の「待つ男」でのヴォーカルは、まだライブの1曲目かと思うほどの壮絶なパワーだった。
本当に素晴らしいライブだった。

そしてここからいよいよエレカシのデビュー30周年が始まる。
ベスト盤がリリースされ、その後もいろんなアニヴァーサリー企画などがあるのかもしれない。
我々ロッキング・オン・ジャパンも、いろいろと計画している。
ジャパンは30年間ずっとエレカシとともにあった雑誌だからね。
30年前、宮本は20歳で、エレカシはアルバムを出しても出しても1万枚ぐらいしか売れなくて、
それでもジャパンでは毎月のように記事を載せて、でもジャパン自体も今ほど全然売れてなくて、いったい何人の人達がその頃のことを今でも憶えてくれているのだろう?

そこから30年。
こうしてまだ彼らの活動を伝え続けられることの喜びを込めて、
僕達なりのアニヴァーサリー企画をやっていくので楽しみにしててください。
山崎洋一郎の「総編集長日記」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする