レディオヘッドのライナーノーツにせつなくなる夏の午後

レディオヘッドのライナーノーツにせつなくなる夏の午後
レディオヘッドの過去のアルバム、いろんな形で国内盤が再発されるうちにいつの間にかライナーノーツが新しくなってた。
『キッド A』とか『アムニージアック』とか、僕書いたんだけど違う人の文章になってた。
それも寂しかったんだけど、この2作品は僕と田中宗一郎が2人で書いてて、特に『キッド A』のタナソーの文のテンションのヤバさは半端なくて面白かったのに、時代とともにこういうのもどんどん無くなってくのね、と切なくなった。
そういえば、レッド・ツェッペリンのアルバムがCD化された時に『プレゼンス』とかの渋谷陽一のライナーが他の人の文に変わってて、さすがにこれは文化的損失だろうと怒りを感じたが、最近の盤ではまた戻ってるみたい。
やっぱりリリースされた当時のリアルタイムの解説文って、資料的価値と独特の面白さがあると思うんだけどな。
モノにもよるけどね。

ザ・スミスの『ミート・イズ・マーダー』に書いた僕のライナーノーツ、まだそのままなのかなぁ、誰かの文に変わっちゃったのかなぁ。
あれは残っててほしいなぁ。

最新ブログ

フォローする