12年ぶりの「エミネム表紙号」について

12年ぶりの「エミネム表紙号」について
12年ぶりの「エミネム表紙号」について
ロッキング・オンがエミネムを表紙にするのは4度目、12年ぶりだ。

エミネムはブッシュ大統領時代に猛威を振るい、オバマ大統領時代に失速し、トランプ大統領時代になって再び大復活を遂げようとしている。
アメリカがクソ化すればエミネムは息を吹き返すのである。
このわかりやすさ。さすがエミネムである。ニューアルバム『リバイバル』は会心の出来である。

めちゃくちゃ面白いロング・インタビューとアルバム・ディスコグラフィー、そして「エミネム以降の10人のラッパー」という3本立ての徹底特集で迫っているので、ぜひ手に取ってもらいたいです。






総力特集 エミネム

90年代末、颯爽とシーンに登場し、白人ラッパーとして常識を覆し、鮮やかにヒップホップの時代を塗り替えた革命児にしてラップ・ゴッド:エミネム。最新独占超ロング・インタビュー、全作品のディスク・ガイド、そして「エミネム以降の最重要ラッパー10組」の3つの記事で徹底検証。現代における最重要ヒップホップ・アーティストに迫る、全30P


BOB DYLAN, KURT COBAIN, EMINEM

60年代、ボブ・ディラン。90年代、カート・コバーン。そして00年代、エミネム――それぞれ如何にしてアメリカ社会を大きく揺るがす存在となり得たのか? インタビューを通してその所以に迫る!


NOEL GALLAGHER

祝・サマソニ出演決定! 50歳になった今振り返る20代の頃の自分、そしてボノとの友情まで、洗いざらい語った


FRANZ FERDINAND

新体制初のアルバム『オールウェイズ・アセンディング』は、やっぱり最高のダンス・ロック・アルバムだった! 前作から約4年半の間にあったあれこれをアレックス(Vo)が明かした


IMAGINE DRAGONS

新世代USロックの覇者、遂に初の単独来日公演で襲来!



早わかり! 2018年洋楽シーン大予想

アーティストの新作、大型の来日公演、そしてやっぱり気になる国内外フェスのラインナップ!!と、目が離せない2018年の展望、知っておきたいトピック満載でお届けします


FOSTER THE PEOPLE

6年ぶりの単独来日ツアーを敢行したフォスター・ザ・ピープル。新木場公演レポートとの2本立てで、フォスターの現在地を検証


AT THE DRIVE IN

2012年の再結成後バンドに入った大きな亀裂、それを乗り越えた経緯など、今だから語れるすべてをオマー( G) が明かした!


BELLE AND SEBASTIAN

新作『ハウ・トゥ・ソルヴ・アワ・ヒューマン・プロブレムス』に詰め込まれているのは、チベット仏教、そして物理学……! ? 


SLOWDIVE

ファン感涙! 昨年22年ぶりの新作、初(!)の単独来日公演を実現させたバンドを直撃! 


FLEET FOXES

[CHARACTER OF THE MONTH]
JACK WHITE

[HEADLINE]
SUMMER SONIC 2018 & SONICMANIA
GORILLAZ
MGMT
SZA
JUSTIN TIMBERLAKE
ROXY MUSIC
RHYE
THE WOMBATS
BILLIE EILISH
山崎洋一郎の「総編集長日記」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする