ポルノグラフィティのツアー『UNFADED』を観て

ポルノグラフィティのツアー『UNFADED』を観て
ツアータイトル『UNFADED』の名の通り、20年のキャリアの中でこれまであまり披露されなかったが未だ「色褪せない」曲たちが数多く披露されて、それをアリーナいっぱいの人たちが大喜びで受け止めるという、巨大なホーム感に包まれた熱い空間だった。

ヒットシングルにおいてもカップリング曲においてもアルバム収録曲においても、楽曲的にはかなりの無茶をしつつも、それを強力な歌メロと大衆性によって有無を言わせずヒットさせてきたのがポルノグラフィティだ。
その腕力がこの日のライブでも存分に発揮されていて、お蔵出しのレア曲の連発なのにシングル曲並みの爆発力だった。
そもそも自らをポルノグラフィティと名乗ったロックなマインドと、どんな特異な楽曲も大衆的なものに仕上げるポップな姿勢が、この日の特別なセットリストからはさらに明確に伝わってきた。
山崎洋一郎の「総編集長日記」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする