クラフトワークを渋谷オーチャードホールで観た

クラフトワークを渋谷オーチャードホールで観た
NO NUKES、サマソニ、単独公演と、もう何度も観たが、毎回、得るものが大きい。
ファンクの創始者=ジェームス・ブラウンを目の当たりにした時にも圧倒的な説得力を感じたが、テクノ/テクノポップの創始者=クラフトワークにも圧倒的な説得力と強烈なインパクトを毎回感じる。
それは言葉にできない、オリジネーターだけが放つ絶対的な力だ。

3Dの映像とサラウンドの音響。
オリジネーターなのに、最新のことをやっている。
最新であり、なおかつ創始者なのである。
誰も太刀打ちできない。

今日が初日なので、これからの人、楽しんでください。(山崎洋一郎)
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする