Mr.Childrenを東京ドームで観た

Mr.Childrenを東京ドームで観た
アルバム『重力と呼吸』後のツアーとして、去年はアリーナを回り、今年はドームを回るという展開。

アルバム『重力と呼吸』の曲が力強くフィーチャされているのはどちらのツアーも共通していて、あのアルバムで再確認された「ロック・バンド、Mr.Children」のダイナミズムが存分に発揮されているのも両ツアーともに共通している。

のだが、やはりドームになるとミスチルにしか出せないスケール感、ミスチルにしか出せない包容力がさらにはっきりと露わになる。
25年間ものあいだ日本国中の人の心をつかみ続けた楽曲、愛され続けた歌声、魅了し続けたステージの上のパフォーマンス。
こんなことがやれるバンドは日本に他にはいない、ということがあまりにもはっきりと明らかになる。
それが痛快で、胸にぐっとくる。

ロックバンドとしての自分たちの肉体を再び自覚して、それに見合うサウンドのアルバムを作り、その力をアリーナツアーで堂々と証明した後に、さらに巨大なステージセットと最新鋭の映像/照明を使ってスケールアップさせアップデートしたのがこのドーム・ツアーだ。
すべてが最高だった。(山崎洋一郎)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする