【フジロック総復習・1日目】ケミカル・ブラザーズ、トム・ヨーク、ELLEGARDEN、ジャネール・モネイらを観た!

前夜祭から、晴れ間が覗いたり小雨が降ったりを繰り返していたけれど、むしろ涼しく凌ぎやすい天候で迎えた「FUJI ROCK FESTIVAL '19」の初日。この日は、第1弾出演アーティストとして発表されたケミカル・ブラザーズをグリーン・ステージのヘッドライナーに、またトム・ヨーク・トゥモローズ・モダン・ボクシーズをホワイト・ステージのトリに据えるという、初っ端からの充実したラインナップだ。


新作『ノー・ジオグラフィー』が素晴らしいロッキン・ブレイクビーツ回帰作となったことで、俄然楽しみになっていたケミカル・ブラザーズ。それゆえ、2011年以来となる今回のフジ出演では、毎度アップデートされるライブサウンドは当然としても、吹っ切れたブレイクビーツによる抑揚の構築にオーディエンスが沸きまくっていた。今やオールドスクールとも言えるケミカルズのお家芸が、たとえ旧式だろうとも完璧にチューンナップされ磨き抜かれた愛車として、堂々と誇り高くドライブしていたのである。

EDM隆盛の時代は、新たなポップソングを生むサウンドの土壌として現在に至っているが、ピュアなダンスの陶酔感を誘うレイヴ・カルチャー直系のケミカルズのサウンドは、今こそ鳴らされるべきカウンターとして機能していた。『ノー・ジオグラフィー』は、ただのノスタルジーではなく逆襲の作品だったのである。肉体に働きかけダンサーズ・ハイを目指す強力なグルーヴ感と抑揚の物語性が、シンガロングのためにデザインされたEDMを越え、世界の共通言語であるダンスを取り戻していた。「フジのケミカルズ」という鉄壁の安定感に、時代の中で渇望されたダンスサウンドが上乗せされる、見事なヘッドライナー出演であった。


突然のソロ新作『アニマ』も届けられたタイミングの、トム・ヨーク・トゥモローズ・モダン・ボクシーズ名義によるステージ。ライダース・ジャケット姿でナイジェル・ゴドリッチらと共に登場したトムは、自身のルーツにあるエレクトロニカやIDMをフィジカルなサウンドの中に取り込み、鍵盤やベース、ハンドベル、ギターといったツールを自由自在に使い分けてステージを構築してゆく。歌いながら練り歩き、一面のハンドウェーブを誘うご機嫌な一幕まであった。映像演出含め、完璧にオリジナルな美意識と躍動感に貫かれたステージだ。「コンバンハー!!」と挨拶を投げかけてからの“Black Swan”や“Amok”といった過去作、新作からの“Traffic”や“Dawn Chorus”、ダブルアンコールの“Suspirium”まで、充実したソロ活動のいびつな美を総覧してみせる内容であった。

この初日は、ソロ女性アーティストたちの大活躍についても触れないわけにはいかない。驚異的なダンスとポリティカルなメッセージ、目まぐるしい衣装チェンジを見せながら、一挙手一投足がキュートかつチャーミングなジャネール・モネイには絶賛の声が多く寄せられている(パンツのヒダのデザインを利用して、あっけらかんと女性器を表現する“Pynk”にはぶっ飛んだ)。個人的にも、この日のベスト・アクトだ。

正しくポストEDM時代のシンガーソングライターとして、迫力のパフォーマンスを見せたアン・マリー。作曲センスと美声、オルタナロックのサウンド、机の上に寝そべりながらの前衛的なダンスも磨きがかかったミツキ。極上バンドの演奏の中で抑制の効いたネオソウルを披露したサブリナ・クラウディオ。朝一番のフィールド・オブ・ヘヴンで大勢のオーディエンスを集め「運命に試されている気がする」と告げていた中村佳穂。それぞれに、先鋭的な音楽だけでなく人間性の魅力をたっぷりと感じさせるパフォーマンスだった。


そしてELLEGARDENによる、11年ぶりのグリーン・ステージである。個人的には活動再開後初めてのライブだが、ギラッギラのサウンドで“Fire Cracker”から始まり、すこぶる楽しそうな4人は心なしか「エルレの顔」をしているように見える。“Missing”の最後には歌をオーディエンスに預け、痛快な“Pizza Man”、スッキリしない天候にもぴったりな“風の日”と、エモーショナルな名曲がガンガン畳み掛けられる。重厚な“Middle Of Nowhere”から“金星”の流れは、最もグッとさせられたポイントだ。

細美武士(Vo・G)は「この会場に、出演者だけが渡れる小さな橋があるんだよ。俺は11年前、いつかまた自分のバンドでこの橋を渡るんだって決めて、毎日思い続けてきたから、夢が叶って嬉しいよ。でもまあ、せっかくまた時計の針が動き出したんだから、ここからは子供の時には思いも寄らなかった夢を、追いかけていきましょう」と告げていた。決してあの頃のままではない、それぞれの道を歩んで経験を積み「ELLEGARDENを再び動かす」ために結集した4人の音。「俺たちのバンド、日本で一番シンガロングがでかかった記憶があるんだよね」と告げられてからの、“Make A Wish”の大合唱は美しかった。(小池宏和)


フジロック2日目、3日目のレポートは以下。

【フジロック総復習・2日目】シーア、ASIAN KUNG-FU GENERATION、オールウェイズ、ダニエル・シーザーらを観た!
フジロック2日目は報道もされていた通り、未曾有の雨天に見舞われることに。その中でも期待通りの圧巻なショーを披露してくれたのがシーア。彼女がステージ上でほとんど黒子(衣裳は白憂いけど)となってボーカルを届ける一方、ダンサーらによるパフォーマンスが繰り広げられるライブ・パフォーマンスについては…
【フジロック総復習・2日目】シーア、ASIAN KUNG-FU GENERATION、オールウェイズ、ダニエル・シーザーらを観た!
【フジロック総復習・3日目】ザ・キュアー、ジェイソン・ムラーズ、ヴィンス・ステイプルズ、ステラ・ドネリーらを観た!
「FUJI ROCK FESTIVAL '19」の最終日は、前日の激しい豪雨の爪痕がまだ生々しく残るぬかるみのフィールドでスタートした。グリーン・ステージやオアシス・エリアのあちらこちらに出現した沼地(ホワイト・ステージは砂利だけあって比較的水捌けが早かった)に足をズブズブと取られながらも…
【フジロック総復習・3日目】ザ・キュアー、ジェイソン・ムラーズ、ヴィンス・ステイプルズ、ステラ・ドネリーらを観た!
rockinon.com洋楽ブログの最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする