女神たちの抱擁

V.A『ウルフルズトリビュート ~Best of Girl Friends~』
発売中
ALBUM
V.A ウルフルズトリビュート ~Best of Girl Friends~
「あえて女性の声で自分たちの楽曲を歌ってもらったら面白いのでは?」というトータス松本のアイディアで企画がスタートした、ウルフルズのデビュー25周を記念するトリビュート盤。参加アーティストは木村カエラやBONNIE PINK、チャットモンチーにふくろうずと、とにかく豪華。個人的にトータス松本という人は、男性特有の思春期的シーズンがとても長い人だと思っていて、“バンザイ〜好きでよかった〜”や“ガッツだぜ!!”のイメージでいつでも突き抜けた熱い人だと思われがちだけど、実は悶々と自問自答しているような歌もすごく多い。今回のトリビュートでは、ウルフルズの楽曲にあるトータス松本のそうしたナイーヴな面を、女性シンガーたちが大らかな強さや母性で諭したり包み込んだりしながら歌っているのが聴きどころ。魂で呼応するようなスピリチュアルなカバーを響かせたUAの“歌”や、自らの闘志を震わせながらその想いに寄り添った片平里菜の“サムライソウル”など、「参りました!」の連発。華やかさと優しさにあふれながらも、その歌の本質が露になる意義深いトリビュートだ。(上野三樹)
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする