4人が掴んだもの

SUPER BEAVER『真ん中のこと』

2017年09月06日発売

SUPER BEAVER 真ん中のこと
ライブ盤かというくらいエネルギーが生々しくほとばしり、イントロからそれぞれの音が獰猛な咆哮をあげる“ファンファーレ”で、幕を開けるミニアルバム『真ん中のこと』。今、ロックからパンク、ラウドシーンのバンドまで、多くのライブ猛者の対バン相手に指名されるSUPER BEAVERの力、彼らだからこそ歌えること、を形にしたアルバムだ。

《懸けた時間に 価値をつけられるのは あなただけ》と歌う“ファンファーレ”や、“正攻法”での夢を追いかける純真な輝き、あるいは恋愛についてはからっきしダメで正攻法ではいけない“irony”。そして、毎日のアンセムとなってくれそうな“それくらいのこと”。口にするには照れくさい思いも普遍的なテーマも、弓矢でまっすぐに的を射抜くようなスピードとブレなさで体に染みるのは、バンドサウンドの説得力であり、渋谷龍太(Vo)のフロントマンとしての色気や吸引力の高さだろう。ここには、自分たちの強みを知り、その武器の使い方も心得た鋭さがある。4人の人間的な魅力や心を注いだ音をぶつけあった「バンド」の姿が、ちゃんと映っている。(吉羽さおり)

最新ブログ

フォローする