ひとりでも多くの人に届いてほしい

め組『僕だってちゃんとしたかった人達へ』

2017年10月25日発売

め組 僕だってちゃんとしたかった人達へ
アルバムタイトルを見ただけで、あまりのセンスの良さ、ひと言ですべてを表すわかりすぎるくらいわかるリアルさに打ちのめされて、再生ボタンを押す前にしばし呆然としてしまったが、押して、聴いて、さらに呆然となった。素晴らしい。誰もが抱えている頭の中のぐっちゃぐちゃな思いを、わかりやすく整理整頓して表現するのではなく、いかにぐっちゃぐちゃなまま形にして伝えるか、それをいかにポップスの領域にまで高めていけるかにトライし続けてきたのが菅原達也(Vo・G)というソングライターだったわけだが、まさにそこに到達している、要はど真ん中な日本のポップスになっている。音もアレンジもすっきりときれいで、メロディは明快で、言葉ひとつひとつはクリアでキャッチーで、それらによって脳内ぐっちゃぐちゃ感をここまで描けるとは。何ひとつうまくいかないのにコミュニケーションをあきらめない切なさをここまでポップミュージックにできるとは。誰もやっていないこと、誰もなし得なかったことを達成している音楽。もう普遍にまで手が届いていると思う、このラブソング集は。(兵庫慎司)

最新ブログ

フォローする