盛り上がる連続リリース

BELLE AND SEBASTIAN『HOW TO SOLVE OUR PROBLEMS PART 1』

発売中

BELLE AND SEBASTIAN HOW TO SOLVE OUR PROBLEMS PART 1
12月8日を皮切りに3カ月にわたって『How To Solve Our Human Problems』のタイトルで3枚のEPがベルセバから届けられる。97年にも同手法で行われたことがあるし、ピクシーズもやっていた。なかなかアルバム単位で聴かれることが少ない現状を考えると悪いアイデアではないし、第一弾となる“Sweet Dew Lee”、“We Were Beautiful”、“Fickle Season”、“The Girl Doesn't Get It”、“Everything Is Now”の5曲、約26分ほどはボリューム的にも非常に聴き心地が良く(ちょうどアナログ盤の片面程度だ)、曲を的確に受け止められる。

楽曲も彼らならではの淡い陰りをもったポップ感が全体を包み込むが、とくに手作り感たっぷりな“Fickle Season”あたりをこれだけのキャリアを重ねながら新鮮に仕上げられるのは驚きだし、“The Girl Doesn't GetIt”の美メロ、サイケがかった浮遊感が極上の聴覚体験を与えてくれる“Everything Is Now”も良い。すでに第二弾から“I'll Be Your Pilot”が先行発表されているが、アルバムとしての全貌が見えたときどんな姿となるのかと考えると、この連発作戦は大成功だ。(大鷹俊一)

最新ブログ

フォローする