ミュージッククリップで感じる歴史

[Alexandros]『CLIPS』
発売中
[Alexandros] CLIPS
キャリア初のミュージッククリップ集となる今作は、デビュー曲である“For Freedom”から最新曲“明日、また”までの全33曲分が収録されているというボリューム満点の内容となっている。パッケージデザインに起用されている絆創膏に、川上洋平(Vo・G)が鼻に貼っていた絆創膏を剥がす“For Freedom”のワンシーンを思い出したりもしつつ、作品を追うごとに高まっていく映像スケールに彼らが歩んできた歴史の長さと深さを改めて感じた。とはいえ、毎作品のラストに設けられているオマケシーンのクオリティは相変わらずチープでシュール(本編はもちろんのこと、個人的にはこれを楽しみにしていたりもする)。どれだけクールでスタイリッシュなクリップに仕上げてあろうと、最後の最後にしっかり抜くという彼らのそういった遊び心は結成当初から変わっていないことに安心するのだ。今年、デビュー7周年を迎えた[Alexandros]。路上時代から変わらぬスタンスを貫きながら、変わりゆく日本のロックシーンの先導を担う存在にまでのし上がった彼らの軌跡を、変遷的に追える映像作品だ。(峯岸利恵)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする