楽しいだけじゃないのが夏だよなあ

Mrs. GREEN APPLE『青と夏』
2018年08月01日発売
SINGLE
Mrs. GREEN APPLE 青と夏
メロディの型を持ってる音楽家はそう多くない。持っていても、街行く人の耳にふと入った瞬間、「あ、なんかあの人っぽい」と思われるような存在は数少ない。でもMrs. GREEN APPLEはそれを持ってるからこそ、前アルバム『ENSEMBLE』でアーティストとしてものすごい飛躍を遂げたし、音楽の純度を薄めることなくポップなエンターテインメントとしての表現をすることができたのだ。そして精神性。彼らの根底にあるのは、いつか終わってしまう儚さがあるからこそ輝きを放つ人生のきらめき、という松任谷由実宇多田ヒカルにも通じる、日本のポピュラーミュージックが脈々と歌い継いできた観念である。つまりメロディと歌詞に圧倒的な軸がある。だからおもちゃ箱をひっくり返すようなアンサンブルの冒険ができるわけだが、それをバンドとして奏でているところが何よりも素晴らしい。ってことが凝縮されたのがこの『青と夏』である。原点回帰のバンドサウンドが高揚感と憂いを煽る表題曲。井上苑子のフィーチャリング、R&Bの導入などが新鮮なカップリングと、何から何までミセス色。(秋摩竜太郎)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする