ひゅーいの華麗なる第二章

石崎ひゅーい『ゴールデンエイジ』
発売中
MINI ALBUM
石崎ひゅーい ゴールデンエイジ
2012年のデビュー当時、石崎ひゅーいが曲を書いて唄う大きな理由は、亡き母に捧ぐというものであったし、衝動的かつエネルギッシュなライブパフォーマンスが魅力であった。しかし昨年3月に初のベスト盤をリリースし“ピリオド”を書いた彼が過去から解き放たれたような新しい表現を得ているのが今作『ゴールデンエイジ』。特に、ゾクゾクするほど歌で聴き手を口説き落とすようなダンスナンバー“SEXY”が最高。“マシュマロパイ・サンドウィッチヘブン”では《どうせフィクションなんだから》と唄っているが、フィクションだと開き直ったところで展開される石崎ひゅーい・ワールドの突き抜け感たるや。それでもなおヒリヒリとしたリアリティとロマンとユーモアをごちゃまぜにしてポップに仕立ててしまう手腕は、シンガーソングライターとして成熟の季節に差し掛かっていると言っていいだろう。最後の“アンコール”まで興奮と鳥肌が止まらない力強い全5曲だ。そしてどんなに新しい表現を掴んでも、日常の中の壊れそうな想いや景色から彼の歌が離れることはないんだ、そう確信もして嬉しくなった。(上野三樹)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする