アレサ・フランクリン『至上の愛~チャーチ・コンサート~<完全版>』

アレサ・フランクリン『至上の愛~チャーチ・コンサート~<完全版>』
発売中
ALBUM
アレサ・フランクリン 至上の愛~チャーチ・コンサート~<完全版>

60年代後半から始まった快進撃でアトランティックR&Bの全盛期を支えた「クイーン・オブ・ソウル」ことアレサ・フランクリンだが、伝道師の娘だった彼女のルーツはゴスペルにあり。ロサンゼルスの教会で地元聖歌団と共におこなったコンサートから制作された原盤は72年の発売当時ゴスペル・レコードにしては異例の大ヒットを記録した。

その完全版である本作はコンサートを丸ごと疑似体験できる臨場感あふれる作りで、イントロのオルガン演奏を聴いているとこれは神と彼女のスピリチュアルな結婚式ではないか?と錯覚を起こす――それくらい、ハリとツヤに満ちた歌声にはピュアな歓喜と全身全霊の深いエモーションとが刻印されている。

「聖歌」の二文字だけで尻込みする方もいるかもしれないが、天才の発現は聖も俗も超越した説得力であなたの心を鷲掴みにするはずだ。(坂本麻里子)



ディスク・レビューは現在発売中の『ロッキング・オン』6月号に掲載中です。
ご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


アレサ・フランクリン 至上の愛~チャーチ・コンサート~<完全版> - 『rockin'on』2021年6月号『rockin'on』2021年6月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする